日刊大衆TOP 社会

東京地下奇談:銀座線には廃止されたはずの駅がいまも残っている

[奇談]

あなたの足元には思いも寄らぬ「迷宮」……

夏休み特集 「誰も知ってはならない!」
TOKYO地下伝説


CASE3 万世橋
アクセス:JR秋葉原駅より徒歩約3分、地下鉄銀座線神田駅より徒歩約5分、万世橋が神田川にかかる

オタク族が行き交う秋葉原の南、石丸電気生活家電館前の歩道に、かつて地下鉄駅の入り口があった。

銀座線万世橋駅である。昭和5年1月に開業し、翌年11月に廃止された。

廃止理由は銀座線のルート変更。

だが、万世橋駅は廃止されたが、ホームや線路はそのまま残された。戦争中に金属が不足した時、都電のレールが引きはがされ、軍に供給された。

ところが、不要になったはずの万世橋駅につながるレールは手付かずのまま。国にとって重要なレールだったから残されたのだ。

そして、廃止されて77年がたった現在も、地下鉄万世橋駅は存在する。末広町から銀座線の先頭車両に乗って神田方面へ進むと、途中で線路が二手に分かれるのが見える。

一方が万世橋駅に通じている。昔の駅が往時のまま残っているなら、歴史的にも貴重な資料となるはずだ。

しかし、万世橋駅は戦後、一度も公開されたことがない。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.