日刊大衆TOP 芸能

「テレビのお約束」を完全無視するファンタジスタ「蛭子能収バブル」の真相を本人直撃!

[ヴィーナス7月20日号]

「今、バラエティ番組で蛭子さんの争奪戦が始まっているんです」

とテレビ局関係者は話すが、確かに蛭子能収氏(66)をテレビで見ない日はない。いったい、何がウケているのだろうか。
「とにかくテレビのお約束を無視するんです。食レポをすれば"お腹が空いてれば何でもウマい"と元も子もないことを言ったり、号泣する黒柳徹子さんに"ウソ泣きですよね?"と聞いてしまう。誰にも言えないことを平然と言うのがウケて、"蛭子さんがいれば面白くなる"と言われています。民放局では"蛭子さんのスケジュールを押さえろ"と、大号令が出ていますよ」(番組ディレクター)

そんな蛭子人気が爆発したのが、『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』(テレビ東京系)。相方の俳優・太川陽介を困らせるほどの"自由人ぶり"を発揮している。

太川が決めた計画に平気で文句を言ったり、現地の名物を一切食べずに、カレーライスやオムライスを食べ、パチンコに行きたがる。

しまいには、バスの出発時刻を調べてくれたバス営業所の受付の人に対し、「一生忘れない」と話したにもかかわらず、5分後には忘れる始末だ。
「しっかり者の太川と、どうしようもない蛭子さんのコンビがハマり、旅番組としては異例の平均13%前後の高視聴率をマークしています」(放送作家)

活躍はバラエティにとどまらず、賢人の日常生活にスポットを当てる堅いドキュメンタリー番組『ソロモン流』(テレビ東京系)が密着。さらに、女性誌では"お悩み相談"の連載コーナーも持っている。

まさに"蛭子バブル"。

本人は、この人気をどう見ているのか。本誌は、
「蛭子さんの心情をイラストにして表してください」と色紙を持って直撃した。

「いやぁ、こんなの、どう描けばいいのかな。難しいなぁ。1時間はかかっちゃうよ。ヘヘへ」

と言いながら、口元は緩みっぱなし。まんざらでもなさそうだ。

そして、描いていただいたイラスト。完成までにかかった時間はたった15分だった。

次ページ >> 「テレビのお約束」を完全無視するファンタジスタ「蛭子能収バブル」の真相を本人直撃!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.