日刊大衆TOP 社会

東京地下奇談:立ち入り禁止の地下室で1日12万本もの焼き鳥を生産

[奇談]

あなたの足元には思いも寄らぬ「迷宮」……

夏休み特集 「誰も知ってはならない!」
TOKYO地下伝説


CASE5 両国国技館
アクセス:JR総武線両国駅より徒歩約2分。都営地下鉄大江戸線両国駅より徒歩約6分で国技館に

なにかとお騒がせの大相撲。

トラブルを連発する原因のひとつに、役員を身内で固め、情報を公開しない閉鎖性があるといわれている。本場所開催中は大勢のファンで賑わう両国国技館にも、閉鎖された空間がある。

「立ち入り禁止」と書かれた扉の奥にある地下室だ。ここにはなんと、土産用の焼き鳥製造工場がある。

相撲の世界にとってニワトリは、二本足で立つから「手をつかない=負けない」という縁起物だ。それゆえ、名物の土産物になったのだが、多い時は1日12万本もの焼き鳥を作るという

ところで、地価は建ぺい率の規制を受けない。国技館の広さから見て、かなりの地下空間が広がっているものと考えられるのだが、焼き鳥工場以外に何があるのかは、ハッキリしていない。

もしかしたらそこには、ギョッと目をむくような驚愕の秘密が隠されているのかもしれない。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.