日刊大衆TOP 芸能

スクープ目撃談5連発! 本誌記者H「芸能人出没交差点突撃ノート」解禁

[ヴィーナス7月20日号]

炎天下に負けない。本誌記者・Hのスクープ目撃談5連発!今年は冷夏と聞くが、真夏日のある早朝、「中目黒駅前、山手通りと駒沢通りの交差点は、芸能人がよく歩いているんだけど、知ってる?」

と電話してきたのは、M副編集長。知ってますよ。

「昼、張り込みに行ってこいよ。取材日誌(このページ)も埋まるだろ?」(前同)

ちぇ、仕方ない。突撃だ!

数時間経過、誰も見ない……二日酔いの腹痛で、交差点にあるビルのトイレに3度も駆け込む始末。

暑い、つらい。M氏に「芸能人発見のコツは?」と冗談半分でメールしても、「気合」とガチンコの返答で嘆息。だが、ついに出現――。

身長150センチ強で生脚、マスク姿。パッチリした目鼻立ちが特徴的な元AKB48の板野友美!周囲をキョロ見。ホストふうの男が黒いベンツで登場し、銀行の封筒を手渡した。もしや、大スクープか!!

この男は誰?ヒモ?

ってか、あれ……マスク取ったら、完全に別人。結局、成果ゼロで炎天下に敗北。

この時期、夜のほうが人は出歩くはず。某夜、会社付近の飯田橋で見かけたのは、6月末で日本テレビを退社する馬場典子アナウンサー。サングラスをかけても、バレバレ!

男友達1人、女友達1人の計3人で酔っ払いつつ、路上でキャアキャア楽しげだ。何を話しているのか?悟られないよう接近すると、

「ハッ!(バレた!)」

と表情を冷たくし、足早に逃走……せっかくの楽しい時間をごめんなさいね。

某件で張り込んでいた西荻窪では、パチンコ店から出てくる俳優・萩原流行に遭遇。なぜ、本人だとわかったかって?テンガロンハットにフリフリの服で目立っていたからだ。

で、萩原は、そのままスーパーに入店。あ、負けたのね……ご愁傷様です。

またも近くの西荻窪、バッタリ出くわしたのは、漫画家・楳図かずお先生!

なぜ本人だとわかったか?トレードマークの紅白のボーダーを着ていたからさ。

あまりの偶然に驚き、思わず、「こんにちは」ってボソッと言っちゃったら、「こんにちは」と笑顔でリアクション。なんて優しい人!

別件で行った自由が丘の駅では、俳優の池内博之を発見。Tシャツ、サングラス、ショーツ、アクセサリー……オシャレで芸能人のオーラぷんぷん!

最後に、忽那汐里ちゃん目当てでミスタードーナッツの会見に足を運んだ折に見かけた、ロッチのお二人。情報番組のリポーターとして来場するも、芸能人オーラが薄く、記者勢もまったく気づかず。会場にあったドーナッツを、2人してギャグかという勢いでバクバク食べまくり、存在感をアピール!しかし、マスコミは完全にスルー。

本誌は見ていますよ〜!がんばれ、ロッチ!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.