日刊大衆TOP 社会

米西海岸に「エメラルド色の生物」大量発生

アメリカ、サンフランシスコの海岸で奇妙な生物が大量に打ち上げられ、その写真がFacebookで公開され、世界中で話題になっている。

エメラルド色をした透明な帆のようなものを持ち、なんとも涼し気なこの生物は、カツオノカンムリといわれるクラゲの仲間。しばしばカツオの群れと一緒に見つかるので、この名前がつけられた。この帆には空気が入っており、その浮力で海面から出し、風を受けて移動するというなんとも優雅な生物だ。

アメリカ沿岸だけでなく、黒潮海域に広く生息しており、夏になると日本にも近づき、台風の後など浜に打ち上げられていることも多い。ただし触手部分には毒があり、刺されると激しく痛む。もし浜辺で見つけてもうかつには触らず、写真を撮っておくに留めたほうがよいだろう。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.