日刊大衆TOP 社会

「痴漢した後にケータイで謝った男」他、今週の「わいせつ事件」まとめニュース

痴漢行為をケータイで謝った男
京都市下京区の市道で、帰宅途中だった女性(30)に後ろから抱きついたとして、京都市東山区の会社員(23)を逮捕した。この男は、6月4日午後11時ごろ、女性に「飲みに行こう」と声をかけ、女性が逃げようとするといきなり羽交い締めにしキスをしたという。男は「電話番号を教えたら離してやる」と女性の携帯電話の番号を聞き出し、のちに「さっきはごめんね」などと女性に謝罪の電話をかけたため、番号から容疑者が特定された。

下半身むき出しであぜ道を駆け抜けた男子高校生
佐賀県佐賀署は7月30日、市内に住む男子高校生(17)を公然わいせつ容疑で逮捕した。市内の田んぼを通る市道で、下半身を露出して走る男子高生を、付近を警ら中だった警察官が発見。その場で現行犯逮捕された。この市道は人通りがほとんどない道で、以前から下半身を露出して若者が走っているのを付近の住民が見かけていた。住民からの情報で、警官が付近の捜査をしていた矢先だったという。警察は、高校生から詳しい動機などについて聞く方針だ。

性犯罪防止担当職員自ら電車で痴漢?
4日午後5時頃、梅田~尼崎駅間を走行中の阪神電車内で、女子大生(21)の胸を揉んだ疑いで、兵庫県警尼崎南署は元刑務官の男(32)を迷惑防止条例違反等で逮捕した。男は刑務所で少年の更生等を担当した後、今年4月大阪府に採用。性犯罪者の再犯防止や社会復帰支援などを担当していた。調べに対し、男は「やっていない」と容疑を否認しているという。

股間を自慢する老人出現!?
8月2日午後3時30分ころ、宮城県東松島市の路上で、通りがかった女性に対し、不審な男がズボンのベルトを外しながら局部を露出。「お姉ちゃん、ほらすごいよすごいよ」と言いながら近づくというわいせつ事件が発生した。男は年齢70~80歳ぐらい。意外なほど自信のある声色だったということから、目撃情報よりも若い可能性があるという。犯人は現在も捕まっていない。

「おでこなめ」男が出没
小学生の女の子(10)のおでこをなめるなどしたとして、警視庁亀有署は強制わいせつ容疑で、東京都葛飾区の会社員(28)を逮捕した。男は平成23年7月11日、同区内のマンションのエレベーターで、女児に後ろから抱きつき、おでこをなめるなど乱暴をしたという。男は「小さな女の子とキスをしたかった」などと供述しているという。

リラグゼーションと偽って局部を触りまくる
リラクゼーションで女性にハレンチな行為をしたとして、埼玉県熊谷署は6日、強制わいせつなどの容疑で、鴻巣市の自称セラピスト(55)を逮捕した。逮捕容疑は、昨年11月22日、勤務していたリラクゼーション店で、客の30代女性にボディケアを装って局部などを執拗に触るなどした疑い。男は「適切なボディケアだった」と、容疑を否認しているという。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.