日刊大衆TOP 社会

『恐怖の心霊報告書』読者投稿5 売り子のバイト

[恐怖の心霊報告書]

『恐怖の心霊報告書』読者投稿5 売り子のバイト

時代遅れの女性客に 対応した瞬間……

私、高校生の頃に販売のバイトをしていたんです。

食品を店外で売る、というものなんですけど、あのときは真冬だったので辛かった。カイロを沢山貼って、厚着をしていたんですが、それでも寒い。

隣にいるバイト仲間のミキちゃんといつも「寒すぎ」って震えてました。

確か、大晦日が近い頃ですね。お客が多かった時期です。でも、さすがに閉店間際にはまばらになりました。

片付けを始めて、ミキちゃんが商品の一部を店内に運んでいたときです。

ひとりお客さんが来ました。しかし、その人、かなり変なんです。

若い女の人なんですけど、服とか髪型、化粧のセンスが古くって。今、また流行っているって話の、バブル期ファッションにそっくり。当時はとっくに弾けた後で、とんでもなく時代遅れになっていたんですけど。

その人になにかを尋ねられました。内容は覚えてません。でも、答えた瞬間、私、身動きがとれなくなったんです。

次ページ >> 『恐怖の心霊報告書』読者投稿5 売り子のバイト

『恐怖の心霊報告書』読者投稿5 売り子のバイト

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.