日刊大衆TOP 社会

最恐心霊スポット報告「地図から消えたレジャーランド・深静峡」その1

[奇談]

廃墟マニアや心霊スポット巡りをする若者の間で噂になっている、ある廃レジャーランドがあるという。取材班のもとにある情報は、奥多摩のさらに奥、東京都と山梨県の境に存在し、現在は廃墟になっているということだけだ。
さっそくインターネットで調べてみると、バブル期に建てられたもので、数年前に火事になったようだ。現在は心霊マニアや廃墟マニアの人気スポットとなり、ホームレスの巣窟、霊の目撃、神かくし、殺人事件など、さまざまな怪しげな報告がネット上でされている。また呼び名も「深静峡」、「深静境」、「森泉郷」などいくつかあるようで、なかなかその実態が掴めない。
またこの周辺地域自体は、危険地帯としても有名だ。「しんせいきょう」の他に、近辺には最恐の心霊スポットとして有名な「花魁渕」がある。この近辺には「怪」を呼び寄せる、なにかがあるのだろうか? ただ不思議なことにネット上に流れる「しんせいきょう」の情報には、心霊や恐怖といった言葉よりも、危険という言葉が、多く見受けられた。いったいどれほどの危険が待ち受けているのだろうか? 我々はさらにリサーチを続けたが、いくら調べても恐怖のレジャーランド「しんせいきょう」の正確な住所はわからなかった。そして懸命のリサーチのすえ、ネット掲示板に書かれていた「柳沢峠」周辺の住所を調べたところ、旧塩山市(現甲府市)、もしくは旧三富村(現山梨市)のどちらかにあることがわかったのだ。我々はさっそく「しんせいきょう」の真実を確かめるため、山梨方面へ向かった。


その1 8月23日公開

その2 8月24日公開予定

その3 8月25日公開予定

その4 8月26日公開予定

その5 8月27日公開予定

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.