日刊大衆TOP トレンド

オジサンだって幸せになりたい! 婚活講座Vol.2「ハイスペック女性との結婚の落とし穴」

オジサンだって幸せになりたい! 婚活講座Vol.2「ハイスペック女性との結婚の落とし穴」

結婚はしたいけどご縁に恵まれない、自分に自信が持てない。このコーナーは、そんな男性読者に贈る婚活コラムです



……浮気は覚悟・美容維持費が高額。

若くて美しくて品のある女性との結婚は、男にとっての憧れ。でも、結婚はイベントではなく、生活として続いていくもの。最初は目をつぶることができていた小さな意識の差が、時間が経つにつれて大きな歪みに……。ハイスペック女性との結婚経験がある男性3人に、リアルな実情を伺った。

伊東さん(42)…結婚11年目 奥さんは元CA 子供2人
山中さん(38)…結婚5年目 奥さんは6歳下の元モデル
宮田さん(48)…8年前に離婚 前妻との間に子供1人

伊東 「妻は元の職業柄なのかプライドが高くて……。子供は私立の学校にいかせないとダメだとか、マンションも高層階じゃないと体裁が悪いとか、とにかくこだわりが凄いんです……」

山中 「職業でいったらうちもです。元モデルなので、美容にかける金額が半端ない。エステにヨガにフィットネスジムに……そして毎日のように通販で美容グッズが届きます」

宮田 「私は40歳のときに結婚して、妻が22歳でした」

他2人 「若い!」


「前妻とラブラブだったころのショット」宮田さん提供


宮田 「はい。ですが、若さゆえか浮気が酷くて……。やけに同窓会が多いなと思ったら、やっぱり男と会ってました」

伊東 「同窓会って、またベタな嘘を……」

山中 「年齢差があると大変ですね……」

宮田 「そうなんです。私の肉体的な衰えもありますし、ある程度は妻に対しても寛容でいようと思ったんですが……」

山中 「僕も意外と淡白な方なので、妻が勝手に通販で精力増強剤みたいなものを注文していましたよ」

宮田 「私の妻も買っていました。あるとき、テーブルの上にそれらしきものが入った箱が置いてあるのを見付けたんですが、私の手元には届きませんでしたね。どこにいったのやら……」

他2人 「……」

山中 「でも、2人ともお子さんがいて羨ましいです。僕のところは金銭的な余裕がまったくありませんから」

伊東 「それなんですが、妻はいわゆる箱入り娘というやつで、両親が心配して毎週末やってくるんです。せっかく子供と遊ぼうと思っても時間がない。毎日のように電話もしてくるし、過保護にもほどがあります」

宮田 「私は妻の父親と年齢が5歳しか違わなくて、会っても気まずい空気が流れるだけ。しかも元不良のすごく怖い人で、離婚後は子供にもほとんど会わせてもらえませんでした。いまは子供もだいぶ大きくなったんですが、私のことは覚えていないようです」

他2人 「……」

宮田 「結局、結婚生活は2年しかもちませんでした。妻の浮気のトラウマで、しばらく女性不信になりましたね」

伊東 「今は再婚なされて?」

宮田 「はい。去年同じ年齢の女性と。やっぱり身の丈にあった女性が一番ですね」

他2人 「同感!」

幸せの感じ方は人それぞれ。ハイスペックの女性を選ぶのか、身の丈にあった女性を選ぶのか、どちらが幸せとはこの話し合いだけでは決められないが、長い目で見て判断した方がよさそうだ。

オジサンだって幸せになりたい! 婚活講座Vol.2「ハイスペック女性との結婚の落とし穴」

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.