日刊大衆TOP 社会

実録「テレビに映った幽霊」戦慄事件ファイル

[週刊大衆09月01日号]

『ミヤネ屋』の心霊騒動は、「嘘だった」ワケがないのだ。視聴者へディスプレイを通じ何を伝えようというのか――。

はたして、本当に単純な"スタッフのミス"だったのか――。

7月9日の『情報ライブミヤネ屋』(読売テレビ)で、司会の宮根誠司がパネルを使ってニュースを解説している最中のこと。パネル下の隙間に、カメラをジッと見つめる青白い顔がハッキリと映り込み、「目が合った!怖すぎる」「これは心霊現象でしょう」などと、ネット上は一時騒然。

「テレビ局のスタジオは、これまで心霊現象が多数報告されてきた場所。それだけに、"出た"と騒ぎになったんでしょう」(芸能記者)

騒動の沈静化を図るべく、14日の放送では、宮根氏自身が、「決して幽霊が映ったわけではございません」と、その正体が20代の男性ADだと明かした。これにて一件落着……のはずが、あろうことか、より謎を深める事態に突入。

「確認してみると、おかしいんです。その男性ADは、一重まぶたの地味な顔。しかし、パネルの下に映った顔は、パッチリ二重で眉毛も濃く、本人よりも顔がずっと青白い。そのため、男性ADは、騒動を落ち着かせるために"正体役"を命じられたに過ぎないのとの憶測が出回っているんです」(前同)

そこで本誌は、幼少期から無数の霊現象を目撃してきた心霊体験のエキスパート、たけし軍団のつまみ枝豆氏に問題の画像を見てもらった。

すると、「個人的な見解だけど」と前置きし、こう言い放ったのだ。

「これは、生きている人間の目という感じがしませんね。スタッフだとしても、何かに憑依されている可能性もあるんじゃないかな」

なんたること。やはり、テレビは霊を強烈に引き寄せてしまうのだろう。

作家でオカルト研究家の山口敏太郎氏は、「そもそも、テレビ局やラジオ局が建つ土地は、いわくつきの場所が多いんです」と言い、こう解説する。

「たとえば、テレビ朝日のある六本木ヒルズの"毛利庭園"は、赤穂浪士が切腹した地。また、日本テレビの旧社屋のある麹町周辺も、『番長皿屋敷』の舞台となった怪談の名所。都内に広大な敷地を必要とするテレビ局は、普通の人が買わないような土地でも手を出さざるを得ない。つまり、テレビ局は、もともと霊の多い場所に建っているんです」

ということは、過去にあった数々の幽霊騒ぎも、もしかして、もしかして……。

このたび、徹底取材した「戦慄事件」の数々をお届けしよう。

まず、『ミヤネ屋』と同様、生放送で起きた心霊現象で有名なのは、1990年の『午後は○○おもいッきりテレビ』(日本テレビ系)。

「人気コーナー〈思いッきり生電話〉の最中、出演中のアグネス・チャンの後方に、視聴者に何かを訴える顔のような影が立ち現れたんです」(日テレ関係者)

出演陣がこの"顔"に気づくこともなくコーナーは進行。すると、

「徐々にその顔が正面を向き始めたんです。番組終了後、視聴者から問い合わせが殺到しましたが、その多くは、"美空ひばりさんの霊が出た!"というもの。ちなみに、その放送日は、ひばりさんの一周忌の直後でした」(前同)

偶然の一致とは思えない、背筋も凍るタイミングでの出来事。

「同放送の現場となった日本テレビ・Hスタジオは"出るスタジオ"として知られています。霊感の強いタレントが、同スタジオでの収録を断ったなんて話も多数ありますね」(同)

同じく、歌手の霊では、86年の『夜のヒットスタジオ』(フジテレビ系)。放送直前に飛び降り自殺で亡くなった岡田有希子さんの姿が"見える"と、日本列島を震撼させる大混乱に。

「中森明菜が歌っているときに、"明菜の背後に、ワンピース姿の岡田さんが立っている"と、視聴者からの問い合わせがフジテレビに殺到。当時の新聞やワイドショーも、こぞって取り上げました」(芸能プロ幹部)

中森と岡田――2人はライバル関係だった。亡き彼女を引き寄せたのは、当番組で中森が歌った『ジプシー・クイーン』の歌詞にあると言われている。「〈125ページで終わった恋〉〈アスファルトのBedにため息こぼれる〉という歌詞が、岡田さんの死を予言していたと指摘されました。

彼女が亡くなったのは、4月8日の12時5分。〈アスファルトの~〉に関しては、説明不要でしょう」(セラピスト)

18歳という若さで、人生という舞台を去った彼女。多くの未練を残していたことは、想像に難くない。

「『さんまのまんま』(フジテレビ系)や『ザ・ベストテン』(TBS系)にも、岡田さんの霊が現れたという話もありました」(前同)

いったい、どうすれば彼女は救われたのか?

次ページ >> 実録「テレビに映った幽霊」戦慄事件ファイル

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.