日刊大衆TOP 社会

野田・谷垣極秘会談の本当の狙いは“互いの保身”だった!vol.2

[週刊大衆04月16日号]

さて、この野田さん、谷垣さんのいずれからも、そして全国会議員から警戒されているのが、橋下徹さん。
『維新政治塾』なるものを立ち上げ、集まった「議員になりたい病」の人々から、衆院選の候補者を楽々と選ぶプロセスに入っている。

橋下さんは、独裁者ぶりが態度にも言葉にも表われているから、周囲が気にして、先の大阪府&市ダブル選挙で府知事になった松井一郎さんを一緒にテレビに出す作戦を始めている。
ところが、「松井府知事と出れば出るほど、橋下が独裁者に見えてしまう」(民主党の大阪府議)という。
大阪市長の橋下さんが一人でしゃべり尽くしてしまい、松井知事は、ほとんど出番がないからだ。
「府知事のほうが市長より格上。それなのに橋下市長の隣りで、おとなしく頷いているだけの松井知事が大映しになる。実態がわかっちゃうよ」(維新の会所属の大阪市議)
この“実態”とは何か。

タレント弁護士から大阪府知事に成り上がった橋下さんは、大阪の府と市を統合して「大阪都」を作ると宣言した。しかし、民放アナウンサーから大阪市長となっていた平松市長(当時)が激しく抵抗、「それなら」と橋下さんは知事を辞め、大阪市長選に立候補した。
このとき橋下さんは、やはり民放出身で大阪では人気の辛坊治郎さんを府知事選に立てるつもりだったが、「辛坊さんが選挙に出るなら不利な話を暴露してやる」と腕まくりするジャーナリストが何人もいた。
特捜班が調べると、その“不利な話”というのは単なる噂にすぎない。選挙戦には、このたぐいの話や怪文書はつきもの。どうということはない。
しかし辛坊さんご本人が「政治家には向いてない」と固辞し、話は消えた。困った橋下さんが身近の大阪府議の中から選んだのが、無名の松井さんだった。
「府議には、ひと癖あるのが多い。その中ではおとなしい男を選んだのが実情。知事になる訓練はできていなかった」(元府庁幹部)
なんだ、やっぱり独裁じゃないか。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.