日刊大衆TOP 社会

4.26判決 小沢一郎「怒りの100人新党」極秘メンバーリスト入手!vol.1

[週刊大衆05月07・14日合併特大号]

陸山会事件の公判を抱えて身動きが鈍かったこの男が暴れ出す。
民主党主流派の政治生命は残りあと僅か!

小沢一郎・民主党元代表(69)が、政治家人生最後の戦いに打って出ようとしている。
「小沢氏最大の懸案だった“陸山会事件”も、この4月26日にようやく判決。無罪が濃厚と囁かれています」(全国紙司法担当記者)
検察審査会が小沢氏を政治資金規正法違反で強制起訴していた、この事件。裁判の過程で、小沢氏の罪状を問う証拠が次々と裁判長により却下され、検察官役の指定弁護士側は思い描いていたように公判を運べず、不利な立場にある。
「証拠や証言が少なくなった以上、裁判長が有罪判決を書くのは難しいというのが、多くの法律専門家の一致した声です。
起訴そのものが無効とされる“控訴棄却”が、最も妥当な判決かといわれています」(前同)

有罪判決が出る見込みもゼロとはいい切れないが、
「有罪判決が出れば、小沢氏は一巻の終わりと見る人も少なくありません。
でも、私はそうは思いません。逆に手負いの獅子となり、さらに激しい攻勢に出てくると見ています」(政治評論家・本澤二郎氏)
この長びいた裁判が、小沢氏の政治活動を縛ってきた。
だが、無罪と出ようが、有罪と出ようが、彼が新たな動きへ乗り出すことには変わりないというのだ。
「裁判から解放され、“いよいよ剛腕が動き始める!”と、多くの関係者が固唾を飲んでいます」(全国紙政治部デスク)

去る4月18日、小沢氏は、ジャーナリストの岩上安身氏が主宰するネット番組『IWJ』に出演して、
「政権交代の初心を持っている人を代表に選び、次期衆院選に臨むべきだ」
と、公然と野田首相への怒りを露わにした。
「判決後の大きな“動き”とは、もちろん野田潰しのこと。ひいては、その目的を達成するための小沢新党の結成です」(前同)
永田町を揺るがす小沢新党の“極秘メンバーリスト”を、本誌は入手。
党員は反主流派で100人以上にも上り、いま、主流派の民主党議員を震え上がらせているという。
「リストの中心は、小沢グループの“新しい政策研究会”(新政研=会長は小沢氏、所属議員106人)。このうち、親衛隊の70人が血判署名しています」(民主党の小沢系中堅議員)
これに、先般、民主党を離党した“新党きづな”の所属議員が加わる。
「小沢グループのメンバーで結成した“新党きづな”は、実は小沢さんが民主党から出てくるのを待つ先遣新党だったんです」(前同)

さらに、あの大物たちも一枚儼んでいるという。
「小沢さんの盟友・鳩山由紀夫グループ、先日、クーデターで国民新党を追い出された亀井静香前代表の名前も出ています」(同)
はたまた、鈴木宗男氏率いる“新党大地・真民主”からは、小沢氏側近の松木謙公氏、元秘書の石川知裕氏も参加する模様。
「松木さんと石川さんが、友党の新党大地・真民主に入ったのは、近い将来、小沢さんと合体するため、先回りしていたんです」(同)
これら民主党内外の議員が、“反野田”の旗印の下、名を連ねているが、前出の本澤氏は、こんな可能性をも指摘する。
「“いざ鎌倉!”となれば、自民党からも“反消費増税”で河野太郎議員、小沢氏が掲げる“反TPP”に賛同する加藤紘一・元幹事長らが手勢を引き連れて参集するものと見られています」

野田政権に怒り、党を超えて結託し、怒濤の攻撃を仕掛けんとする小沢氏。
その布石は、すでに打たれていた-。
「前述の“新政研”は、昨年末、3つあった小沢グループを統合して誕生した106人の連合体。これは、新党結成の狼煙です」(前出・小沢系中堅議員)
先の3月21日には、「消費増税反対の輪を広げる」との小沢氏主導の下、“消費税を考える国民会議”(会長=清水信次・日本チェーンストア協会会長)が発足。
超党派の議員84人が集まった。
「4月4日には、初の勉強会を開催。そこには民主党の小沢グループを筆頭に、鳩山グループ、新党きづな、新党大地・真民主の各議員が参加したほか、みんなの党や社民党からも議員が駆けつけ、消費増税反対、慎重の議論が大いに交わされました」(同会議関係者)

ちなみに、この会長の清水氏は、知る人ぞ知る超大物だ。
「年商5000億円を超える、日本最大の食品スーパー『ライフ』を創業した実業家です。
昭和60年代には、当時の中曽根康弘政権が掲げた売上税(消費税)の構想に業界を挙げて大反発し、諦めるまで攻め立てたというエピソードもある強者です」(ベテランの政治記者)
消費者目線の清水会長が最近になって叛旗を翻したのは、消費増税に突っ走り、いまや政商となり下がった経団連に対してだ。
「昨年暮れには、新たに“第2の経団連”ともいうべき組織“国民生活産業・消費者団体連合会(生団連)”を結成。経団連とは一線を画し、消費増税反対運動に乗り出しました」(前同)

05月01日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.