日刊大衆TOP 娯楽

【井崎脩五郎】「ホトとキス」はまずいよな

競馬新理論 井崎脩五郎
「ホトとキス」はまずいよな



今、1000万下にビッグリバティという馬がいる。

この馬、デビューしたときは482キロと普通の体つきだったのだが、放牧に出すたびにデカくなって、4戦目には504キロ、10戦目には528キロになってしまった。デビュー時と比べると、実に46キロ増である。

そのとき、声あり。「これじゃあ、ビックリバディだよ」。おお、何てうまいこと言う人がいるんだろうと思ったものだ。

ビッグリバティ

ビックリバディ

濁点を一つ変えただけで、「大きな自由」(ビッグリバティ)が、「びっくりバディ」に変わってしまうのだから、言葉は妙だ。

五代目志ん生が、「世の中は、澄むと濁るで大違い、ハケに毛があり、ハゲに毛がなし」と落語のマクラで話していたが、まさにそれ。

実は、各出版社、各新聞社にも、「我が社の歴史的誤植はこれ」という、伝説的な誤植が今に伝わっている。

ある新聞が1897年に正岡子規が主宰して創刊した俳句雑誌「ホトトギス」のことを紹介したとき、濁点を打ち忘れて「ホトトキス」とやってしまったという。ホトとは、陰と書いて、女性の陰部・女陰のこと(広辞苑)。

これとキスと書いちゃあ、苦情殺到だったかもなあ。


■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

【井崎脩五郎】「ホトとキス」はまずいよな

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.