日刊大衆TOP 社会

ワンダフル!?犬が村長に当選した!

アメリカのCBSテレビは、ミネソタ州北西部のコーモラント村で犬の村長が誕生したと報じた。飼い主は商店経営のリチャード・シェールブルックさんで、犬の名前はデューク(7歳)。選挙で他の候補者(人間)を破って当選し、得票率でも倍以上の差をつけて当選している。

デュークはこの村の全村民12人とは顔見知りで、街のマスコット的存在だ。何年もコーモラント村の治安維持に貢献しており、車に吠えかけてスピード違反を取り締まったこともある。賃金として、ドックフード1年分を受け取るとのことだ。

飼い主は筒形帽や衣装一式を買い揃え、8月16日の就任式に臨んだ。この日が村長としての初仕事となった。

ゲームやアニメの世界ではありそうな犬の村長の話だが、“ジョーク”のような“デューク”の話である。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.