日刊大衆TOP グ スーヨン

第20回 「分かりたい病」が、 アナタの脳と人間性の成長をストップさせている! 悪化すると「分かってないのに分かった病」なってしまう。

2014-08-27

天才CMプランナー グ スーヨンが教える「いいかげん学習法」


前回、みんなは知らないけど、ホントに面白い映画を調査する!
なんてことを書きましたね。
でもまぁ、そのレベルに到達するのは、なかなか難しいだろうなぁ。
どうしても好き嫌いってのが出てきちゃう人がいるんだよね。

で、仕方がないから、
奥の手を教えちゃいましょう!

まさに目につくものすべての映画を観てみよう。
1. 手当たり次第 です。
要するに、数で勝負ってことです。

中途半端な好きや嫌いであれこれ選んでる時間が、とてつもなくとってももったいない。

映画館でもレンタルでもセルでもダウンロードでも、なんだって構わないんだけどねぇ。
できれば経済力の許す限りセルをおすすめします。(思い付いた時に、何回も観ることができるからね)
衛星放送やケーブルテレビでも映画をたくさんやってるよねぇ。
目についたものを何も考えずに観る。
とはいえ、
疲れ果てて家に帰ってから何本もの映画を観る体力が無い…
テレビのスイッチを入れると、もう半分くらい映画が進んでしまってる…
気にするな!
そのまま観てしまえっ。

気にする程のことじゃないんだもん。たかが映画だよ~
(楽しむためじゃないんだからさ)
楽しみたいから、損した気になるんです。
2.途中から観ても大丈夫 なのです。
いいかげんな学習は、ここが肝心です。
損をしたような気分になったり、
なんだか納得がいかない気分を引きずってしまう。

それでいいんです。
それで正解です。
そんな強迫観念や分かりたい病を捨て去りなさい!
途中から観ても主人公が誰かぐらいは分かるでしょう。
だいたいのストーリーも分かるでしょう。
細かい部分が分からないときは、自分勝手に想像するんです。
もしかしたらそっちの方がホントの映画よりよっぽど面白いストーリーかもしれないじゃないっ。

つまらなかったり、時間が無くなったら、勇気を出して途中で観るのを止めます。
3.最後まで観なくても大丈夫 です。
それでもね、
1日に何本もの映画を観るのは難しいだろうねぇ。
そこで登場するテクニックが、ジャーン

4.早送り~ です。
DVDやダウンロードの場合げんていだけど、
これは実に有効なテクニックですね。
「この辺つまらないな…」と思ったら即座に早送り~
「あっ、ここは面白そうだな」と思ったら少し巻き戻して観ればいい。
不思議とほとんどのことがなんとなく分かってしまう。
イメージも勝手にどんどん膨らんでいくんです。
でも、あまりにつまらないからといって、チャプターなどでスキップしてはダメです。
なんとなくでも映像が目の中に入っていってます。
脳の中へ入り込んでいっているのです。
コツは、集中してればOK!


5.役者や監督、スタッフなんてどうでもいいから覚えるな!
なによりも、
アナタは映画評論家になるわけじゃないでしょ!
登場している役者や監督の情報なんてどーでもいいことじゃん。
目的は、アナタの頭から面白いアイディアが湯水のように溢れ出てくることなんです。
6.なんとなく覚えてるシーンやセリフを簡単にメモる
以上です。
なんだかもの足りないかな? でもそれで、ぜんぜん大丈夫です。

これは、数で勝負のいい加減な学習方法です!
楽しむための映画鑑賞ではありません!

楽しみたければ、時間があるときにゆっくり鑑賞してください。(とか言いながら、ついつい楽しんでしまうんだけどね)

コラムの最初の方でも書いたけど、
「分かりたい病」は、恐ろしい病気ですよ~
「分かってないのに分かった病」に悪化してしますと、
脳は、終わったと思って、それについての思考や洞察を停止してしまうんです。

分かった気になってしまうと、頭の中の分かっちゃった引き出しに仕舞い込まれてしまって、勝手に脳内合成してくれません。

信念と勇気で、分かりたい病と戦ってくださいな!

グ スーヨン(具秀然 gu suyeon) プロフィール
1961年、山口県下関出身の在日韓国人二世。
CMディレクターとして多くの話題作を手掛け、注目を集める。
1994年にGOO TV COMPANY ltd.設立。その才能は多岐に渡り、作詞家としての活動をはじめ、2001年には初の小説「ハードロマンチッカー」を刊行。小説家としても高い評価を得る。
2002年に2冊目となる小説「偶然にも最悪な少年」刊行。
ACC最高賞、ロンドンクリエイティブアワード他、受賞多数


グさんが手掛ける話題のタクシーCMをCheck!
『グとハナはおともだち』
動画一覧を見る

【CM作品】
・ケビン・コスナーのサントリーモルツ
・永瀬正敏の資生堂メンズスタイリングムース
・「脱いでもすごいんです」のTBC
・「パソコンできない人は亡びる」COMPAQ
・ジャン・レノのHONDAオルティア
・内藤剛士の「だって8時間だもん」SONYハンディカム
・ウルフルズの資生堂GERAIDOから堂本剛の資生堂GERAIDO
・鼻血を出した金城武のライフカード
・菅野美穂の「なにのもっかなぁ」サントリービタミンウォーター
・「ピンキリ」優香と加藤君のカーセンサー
・ひろみ郷の雪国まいたけ
・「あきらめましょう」を歌う華原朋美、伊藤蘭のポッカ
・金城武のLYCOS
・柳沢慎吾のピザーラ
・福山雅治のダイナブック
他、IBMのe-business、缶コーヒーのジョージア、ヤクルトジョア、ポラロイド、日本火災、DDIセルラー、うまかっちゃん、関西J-phone、九州J-phone、所ジョージのラビット、佐川急便、篠原凉子の「やばっグッときた」ORIXカード
など、お茶の間を騒然とさせる話題作多数。


【出演番組】
1995年:テレビ朝日の「えびす温泉」では、レギュラー審査員。
1998年:テレビ朝日ドキュメント「21世紀への伝言」で、現在活躍する在日韓国人クリエイターとして出演。
1999年:TBSの「情熱大陸」で、自身をドキュメントされた。
2010年:タクシーちゃんねる「グとハナはおともだち」
2013年:ベイFMレギュラー番組「接続したくない人たち」毎週月曜25時~


【手がけた作】
・内田有紀「baby's growing up」MTV
・槙原敬之「SPY」「どうしようもない僕に天使が降りてきた」MTV
・チャー「SMOKY」MTV
・ウルフルズ「まかせなさい」MTV
・内田有紀のアルバム「愛のバカ」「nakitakunalu」プロデュース
・ポッカのCMソング「あきらめましょう」や田原俊彦、林明日香、ラグフェアなどの作詞を手がける。

2001年3月:初の小説「ハード・ロマンチッカー」刊行
2002年6月:「偶然にも最悪な少年」刊行
2003年9月:初監督映画、「偶然にも最悪な少年」全国東映系ロードショー。主演 市原隼人、中島美嘉主演
2005年:韓国プチョン国際ファンタスティック映画祭に審査員として招かれる。
2007年5月:映画「プルコギ」全国公開。主演 松田龍平、山田優
2010年1月:テレビ東京「ジロチョー清水の次郎長維新伝」監督
2011年11月:映画「ハードロマンチッカー」全国公開。主演 松田翔太


【2015年公開予定のグスーヨン監督映画が現在企画進行中】
プルコギ 偶然にも最悪な少年 ハードロマンチッカー 偶然にも最悪な少年

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.