日刊大衆TOP 芸能

アゴが外れそうなほどパックリ口を開けた浴衣姿の宇賀アナに妄想が止まらない!

なつみ 恵里
左:宇賀なつみアナ(テレビ朝日) 右:狩野恵里アナ(テレビ東京)

テレビ朝日・宇賀なつみアナウンサー(28)がMCを務める深夜バラエティ番組『初めて○○やってみた』に、テレビ東京の狩野恵里アナウンサー(27)が出演した。この顔合わせは同番組20日放送分にて実現した、歴史的ミラクル。
さて、今回行われたのは局の威信をかけた越境対決である。題して“初めて「テレビ東京」狩野アナウンサーと対決してみた”! 判定役は、『モヤモヤさまぁ~ず2』にて狩野アナと共演中の「さまぁ~ず」三村マサカズ(47)が務めている。ちなみに2人は、局は違えど入社6年目の“同期”だそうだ。

緊張気味の2人に告げられた、第一の対決種目は「実況」。アナウンサーの本分とも言える分野であるが、両者いきなり自信なさげモードに突入。お互い「私が負ける」と言い張っている。……が、きっとこれは自身のハードルを下げたいための謙遜でしかないはずだ。
さて、まず先攻の狩野アナには「アリクイ2匹が戯れる映像」が提示された。うまく実況してほしいものだが、狩野アナはアリクイを「ワニ」と言い間違えてしまうし、『珍プレー好プレー』のみのもんたばりにアテレコをしてしまうし、「実況」という概念自体を変えてしまう邪道っぷり。“テレ東らしさ”という意味では、満点か?
後攻の宇賀アナに提示されたのは、「風景」の映像。電車を主観にした映像だったり、富士山を一望する映像だったり。これを実況する宇賀アナのスキルは非常に高く、冷静で的確。この様子を見て「言葉を失ってます」と顔色を青くする狩野アナのリアクションは、本心に違いない。
結果、三村の判定は「100対0で宇賀アナの勝ち」。「狩野ちゃんは本当にアナウンサーなのか?」と、その酷評に容赦はなかった。

さぁ気を取り直し、第二の対決種目として「似顔絵画力対決」が両者に発表された。今回はお互いが向き合い、お互いの似顔絵を描き合う形で対決は進む。果たしてその描き上がりを見ると、これが両者酷いのだ。まぁ、宇賀アナは「狩野アナの目尻のシワ」を描写していたし、狩野アナは「宇賀アナの鼻筋」を見逃していなかった。いくつかのポイントは、辛うじて捉えていたようだ。

実は狩野アナ、もう1ヶ所だけ宇賀アナの顔の特徴を見事に捉えている。
「すごい特徴とらえてる! 私、口が小っちゃいの。本当によく言われて」(宇賀アナ)
確かに、似顔絵の宇賀アナの口は小さく描かれているし、宇賀アナ本人の口も驚くほどに小さい。ここで狩野アナから宇賀アナへ、こんなリクエストが。「口、開けてみて?」(狩野アナ)
その要望に応え、口を本人なりに目いっぱい開ける宇賀アナ。
「オエヒカアカハイノ。(これしか開かないの)」(宇賀アナ)
口を目一杯開けると、あごが外れそうになるらしい。
「ホヘフライヒカアハナイ……!(これくらいしか開かない……!)」
その無理できなさっぷりには、狩野アナも「本当に!?」と驚きを隠せない様子。ワイプの三村も言葉を発さず、ジーっと宇賀アナの口開けを見つめている。

もう、視聴者の誰もがイマジンしていたはずだ。ナニをって、夜の営みを。黙りこみ、目を凝らしていた三村だってそのはず。この似顔絵対決で狩野アナに票を入れた三村の判定は、「おまえ、いい仕事したぞ」という感謝の表れのような気がしてならない。
一度アゴが外れた人は、クセになってアゴが外れやすくなるとも聞いたことがある。ということは、宇賀アナの経験値についても妄想してしまいたくなるではないか。

ちなみに今回の対決、両アナウンサーともに浴衣姿であった。浴衣姿で口を大きく開け、「あごが外れちゃう」と泣きを入れる宇賀アナ。いかがだろうか?

(寺西ジャジューカ)

アゴが外れそうなほどパックリ口を開けた浴衣姿の宇賀アナに妄想が止まらない!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.