日刊大衆TOP トレンド

症状別でわかる!! 『お手軽』眼病予防法

目の酷使や加齢による目の衰えなどは、仕事に活きる中高年サラリーマンとは切り離せない重大問題。眼科医の報告によると、眼病予防には食生活の改善や運動不足の解消が効果があるというが、実際行動に移すとなるとややハードルが高いかもしれない。

そこでオススメなのが、目に有効な成分が配合されたサプリを活用するという方法。1日1粒を目安に飲むだけで 、その日に必要な栄養素をバッチリ取得し、さらに眼病予防にもつながるのだ。ここでは気になる目の症状に合わせて、最適なサプリを紹介していこう。


【症状】疲れ目・目の老化が気になる
★オススメサプリ『ルテイン』


「ルテイン」とは、緑黄色野菜や果物、海藻などに含まれる色素の一種。人間の目の黄斑部や水晶体にも存在し、様々な眼病のリスク軽減に貢献している。ただし、ルテインは年齢ともに減少してしまう。
アメリカの失明原因1位で近年日本でも増えている「加齢性黄斑変性症」は、黄斑部のルテイン量が少ないことが要因で発症するとも言われている。ルテインをサプリで補給することで、眼病リスクに立ち向かうことができるというわけだ。
また、目の水晶体にあるルテインは、PCの液晶モニタなどが発するブルーライトや紫外線を吸収するフィルタとなり、眼の負担を減らす役割を担っているので、まさに一石二鳥だ。



【症状】ドライアイ・目の乾きが気になる
★オススメサプリ『モイストアイベリー』


パソコンやスマホの画面を長時間見ることが多い人、乾燥した環境で長く働く人にとって、眼の乾きや不快感は避けられない。それを改善するのに最適なのが「マキベリー」というフルーツ。ブルーベリーやカシスといった目によいとされる果物と比べても、涙腺細胞の保護作用が高いのだという。『モイストアイベリー』に配合されているマキベリーエキスを取ることで、目のうるおいをサポートしてくれるというわけだ。



【症状】目を酷使しがちでシパシパする
★オススメサプリ『ブルーベリーエキス』


長時間の車の運転やテレビゲームなど、集中して目を使う環境にある人に最適なサプリが『ブルーベリーエキス』。ブルーベリーに多く含まれる天然色素「アントシアニン」は、使いすぎや加齢によって働きが低下した目に作用。目の回復を助けるといわれている。
目がシバシバする、ボヤボヤするという人は一度試してみてはいかがだろう。



【症状】目の充血・目の周りのクマ
★オススメサプリ『はっきり』


目のかすみや充血には「菊花」、目のまわりのクマやくすみには「カシス」がそれぞれ効果があるといわれている。菊花は血流循環をよくすることで、カシスは目の筋肉をほぐすことで、症状の改善をサポートする。
オススメサプリの『はっきり』はこれら2つの成分を配合。さらには通常の食事では摂りにくい、目によい成分を多数配合している。目の健康を総合的にフォローする、お手軽な複合サプリなのだ。


【症状】眼のピントが合いにくい・眼精疲労
★オススメサプリ『クロセチン+カシス』


新たな眼病対策として今注目を集めている「クロセチン」という成分。眼精疲労の改善や、目の不調に効果があるといわれている。さらにこのクロセチンは吸収性が高く、短時間で効果が出やすいという点も特徴だ。
オススメのサプリ『クロセチン+カシス』は、このクロセチンに加え、カシスやブルーベリーエキス、菊花エキスといった、目に良い働きをもたらす成分が合わせて配合されているので、目の不調を感じた時にありがたいサプリだ。



なにかと忙しい現代人は目を酷使しがち。だが、疲れた目をどう癒すのかをちゃんと意識している人はなかなか少ないのではないだろうか。
目によいとされる成分も、いまやこれだけ細分化されてはっきりしている。お手軽な目のサポートとして、まずはサプリからはじめてみてはいかがだろうか?

症状別でわかる!! 『お手軽』眼病予防法

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.