日刊大衆TOP 芸能

ズバリ本音で美女トーク☆川村りか(タレント)

[週刊大衆09月08日号]

ズバリ本音で美女トーク☆川村りか(タレント)

もっと画像を見る

「普通のパンティを見られるならお尻を見られるほうがいいな 私ちょっとズレてるかもウフフ」

華やかな美貌と抜群のスタイルに加え、歯切れのいいトークも楽しい、川村りかさん(31)。バラエティに女優業にと大活躍の彼女の最新作が、今秋公開の映画『新・SとM episode3、4』。同シリーズで彼女が演じてきた"復讐鬼"である沙耶が、なんと意外な変化を見せるそうで――。

――川村さんの沙耶役がすっかりお馴染みになっている『新・SとM』。新作が公開目前になりましたね。

川村 私たちが〈元祖〉と呼んでいる『SとM劇場版』が2作品あって、そのあとに、『新・SとM』が1、2と2作品あります。今回の3、4を合わせると、6作品を通して"沙耶"という役を演じているんです。

――〈元祖〉の1本目は、何年前になりますか?

川村 撮ったのは、もう7年も前ですね。私の初主演作品だったんですが、まだお芝居のことがまったくわからず、撮影が始まるまでの間、とにかく原作のコミックを読み込んでいたことを思い出します。

――沙耶は、復讐心を燃えたぎらせるオソロしい女性ですが、ずっと演じていていかがですか?

川村 最初は、沙耶の気持ちに寄り添おうと思うと、本当に苦しくて。お母さんがいなくて、たった一人で復讐のためだけに生きている、という人ですから。撮影中に悪夢を見るくらい、役に気持ちを引きずられてしまい、精神的にかなりキツかったですね。徐々に、切り替えができるようになりました。

――川村さんのセクシーなベッドシーンと、お相手男性やその奥さんをいたぶるシーンがこのシリーズの見所ですが、今回の、『episode3、4』でも、そんなシーンがたっぷり?

川村 今回は、ちょっと違うんですよ。

――といいますと?

川村 沙耶がすっかり改心して、いつもイジメている戸田誠さんが奥さんとの絆を取り戻せるように、身を挺して助けたりするんです。

――新しい、心が浄化された沙耶になっているんだ。

川村 いつもは人を縛ったり叩いたりしている私が、今回は、縛られる側でした。

次ページ >> ズバリ本音で美女トーク☆川村りか(タレント)

ズバリ本音で美女トーク☆川村りか(タレント)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.