日刊大衆TOP 娯楽

【井崎脩五郎】「聖火」が消える前兆なのか

競馬新理論 井崎脩五郎
「聖火」が消える前兆なのか



「五輪」という暗号が出た。8月10日(日)、小倉5Rの新馬戦である。

8番 ブルーガーディア(ン)
9番 シゲルユキマツ(リ)
10番 リベルタン(ゴ)

ご覧のとおり、8~10番に入った馬の名前の末尾が、つなげるとゴリン、即ち、五輪になっていたのだ。

そして五輪に聖火は付き物だが、なんとこのレースには、聖火を名乗る馬が出ていたのである。ゼッケン五番のセイカフォルテシモ。

いやあ、これは買い目だと思って、単複と、馬連総流し。実はセイカフォルテシモはまるっきり人気がなく、13頭立てのブービー12番人気。単勝オッズは89・9倍を指していた。

そして実は、このセイカフォルテシモが好スタートを切って逃げまくったのである。芝千八で、三角を回り、四角を回ってもまだ先頭。こりゃあ、やったかと思ったのだが、直線半ばでバテて、7着に沈んでしまった。

「五輪」だというのに、まさか「聖火」が消えてしまうとは……。

意外というしかなかった。もしかしたらこれは、五輪開催が危機にさらされる前兆なのか。

エボラ出血熱、シリア紛争、ロシア対ウクライナ、イスラム、モンゴル、パキスタン……。確かに、世界中が五輪どころじゃないよな。


■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。

【井崎脩五郎】「聖火」が消える前兆なのか

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.