日刊大衆TOP 芸能

「岩隈、日本人トップの13勝目!」今週の日本人メジャーリーガー活躍まとめ

【投手編】

■黒田博樹(ニューヨーク・ヤンキース)
日付 対戦チーム 勝敗 投球回 失点 被安打 奪三振 球数
8/28 VSタイガース ☆勝ち負けつかず 7回 91
メジャー全球団からの勝利をかけ、今季のタイガースとの最終戦に登板した。5回に2-2の同点に追いつかれた後も粘り強いピッチングで7回を投げ切って同点のまま降板、勝ち負けつかず。メジャー史上でもわずか13人しか達成していない30球団すべてからの勝利は持ち越しとなった。

【現在の成績】9勝8敗(33位) 防御率:3.88(29位) 奪三振:112(36位)

■上原浩治(ボストン・レッドソックス)
試合数 投球回 勝敗S 失点 被安打 奪三振
0回 0勝0敗0S
登板機会なし。ここ4試合連続で相手に得点を許しピリッとしない。今季のチーム成績が悪いため、地元ボストンでは無理させずに休養させるべきとの論調もあるが、本人はブログで「自分は最後まで投げ続けたいと思ってます」と語っている。

【現在の成績】6勝4敗26S(7位) 防御率:2.25 奪三振:73

■田沢純一(ボストン・レッドソックス)
試合数 投球回 勝敗S 失点 被安打 奪三振
2回 1勝0敗0S
26日のブルージェイズ戦では4-4の延長10回裏を無失点に抑えると、11回にチームが一挙7点を挙げ勝利。今季3勝目が付いた。翌27日は2-1とリードの7回無死一塁三塁から登板するも、痛恨の3ランを浴びて逆転を許した。勝ち負けはつかず。

【現在の成績】3勝3敗0S 防御率:3.05 奪三振:59

■岩隈久志(シアトル・マリナーズ)
日付 対戦チーム 勝敗 投球回 失点 被安打 奪三振 球数
8/31 VSナショナルズ ○勝ち 6回 86
「(体の)上下のバランスがあまり合わなかった」とのコメントにもあったが、2、3、4回に3本のソロ被弾。それでも味方が5回に逆転、6回3失点無四球の内容。故障者リスト入りしている田中を抜き、日本人単独トップの今季13勝目を挙げた。

【現在の成績】13勝6敗(8位) 防御率:2.90(7位) 奪三振:127(26位)

■和田毅(シカゴ・カブス)
日付 対戦チーム 勝敗 投球回 失点 被安打 奪三振 球数
8/30 VSカージナルス ●負け 6回 87
1-1の同点で迎えた5回2死一塁二塁から3番ホリデーに3ランを打たれ、勝ち越しを許した。6回まで3失点で今季2敗目。8月は6試合に先発し打たれた本塁打は6本と一発に泣くケースが多い。

【現在の成績】4勝2敗 防御率:2.79 奪三振:44

■藤川球児(シカゴ・カブス)
試合数 投球回 勝敗S 失点 被安打 奪三振
2回 0勝0敗0S
和田が先発した30日のカージナルス戦では1-4の8回に登板するも、和田と同じく3番ホリデーにソロを浴びるなど3連打と打ち込まれ、ワンアウトも取れないまま交代。3失点で防御率も4点台に急降下した。

【現在の成績】0勝0敗0S 防御率:4.91 奪三振:8

■松坂大輔(ニューヨーク・メッツ)
試合数 投球回 勝敗S 失点 被安打 奪三振
2回2/3 0勝0敗0S
故障明けで約1か月ぶりとなった28日のブレーブス戦は1-3と2点リードされた9回に登板、2ランなどで3失点と打ち込まれた。30日のフィリーズ戦は2-6の8回からで9回に1失点。まだ本調子ではない投球内容。

【現在の成績】3勝3敗1S 防御率:4.21 奪三振:73


【野手編】

■イチロー(ニューヨーク・ヤンキース)
試合数 打数 安打数 打点 本塁打 盗塁 三振
12
27日のタイガース戦では9回にキャッチャー前の内野安打。キャッチャーから送球が腰に当たるも痛がるそぶりは見せず、6試合連続ヒットとした。29日のブルージェイズ戦では8番・ライトで3試合ぶりのスタメン。7回に内野安打で出塁し1得点とチームの勝利に貢献した。

【現在の成績】打率:.285 本塁打:1 打点:17 盗塁:11 出塁率:.327

■青木宣親(カンザスシティ・ロイヤルズ)
試合数 打数 安打数 打点 本塁打 盗塁 三振
20
31日のインディアンス戦は1番ライトでスタメン出場。初回にレフト前ヒットで出塁、犠牲フライで先制のホームを踏んだ。ロイヤルズは9回裏に3番ゴードンの18号ソロで2-2の同点に追いつき、延長戦に突入。10回表に2点を勝ち越されたところで降雨サスペンデッドとなり、試合の続きは9月22日に行われる。

【現在の成績】打率:.263 本塁打:1 打点:32 盗塁:15 出塁率:.330

■川崎宗則(トロント・ブルージェイズ)
試合数 打数 安打数 打点 本塁打 盗塁 三振
13
26日のレッドソックス戦では、4打数3安打1打点と今季初の猛打賞を記録。31日のヤンキース戦は9番・セカンドで先発出場。3-3の同点に追いついた7回2死二塁からライト前に勝ち越しの決勝タイムリーで勝利に貢献した。

【現在の成績】打率:.275 本塁打:0 打点:12 盗塁:0 出塁率:.327

※順位はリーグごとのランキング

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.