日刊大衆TOP 社会

自らの歪んだ性欲を満たすため女性を陥れる日本の変態犯罪者断罪リスト

[ヴィーナス8月19日号]

趣味や趣向は人それぞれ。だが、その欲望がいびつな形となって表現されることは決して許されないのだ!

〈『自分で着たかった』女子高生の体操服盗む 高専職員を逮捕〉(5月18日=和歌山)
〈女子高生の制服盗んだ疑い 300点を押収 『女子高生の制服が大好きだった』と供述〉(6月23日=熊本)
〈下着窃盗容疑で海上自衛官を逮捕『東京都、埼玉県、茨城県などで盗んだ』〉(6月24日=神奈川)

日本の全国津々浦々で、自らの欲望を満たすために、卑劣な犯罪に手を染める男が後を絶たない。熊本の男にいたっては、熊本市内のほぼすべての高校の女子生徒用の制服をそろえていたという。決して褒められないこととはいえ、その歪んだ情熱には恐れ入る。

「まさに仰天の変態犯罪者っぷりですが、こんなものはまだ序の口。今までも、通称"パンスト下さいおじさん"や"釣りキチ助平"など、真の変態が数多く世間を騒がせましたからね。インターネット上にも、彼らを"格付け"しあっているサイトがあるほどです」(インターネット事情に詳しい実話誌ライター)

そこで、本誌もそれにならい、過去に起きたトンデモ変態犯罪者のリストを番付のスタイルで作成。単なる痴漢や強姦などの暴力をともなうようなもの、猟奇的な異常犯罪者などではなく、常人の感覚では理解不能な特殊すぎる事例を集めた。

彼らが犯した罪の中身と、その驚きの犯行理由には、きっと開いた口がふさがらないはずだ。

たとえば、実話誌ライターが挙げた「パンスト下さいおじさん」。その名前どおり、男は、2010年、そして、2012年にも、「自分はテレビ局の社員で、撮影に使うパンストが破れてしまったので、あなたが履いているのを譲ってほしい。もし譲ってくれるなら、商品券1万円ほどを後から送らせてもらう」

などと嘘をつき、パンストをだまし取った詐欺の罪で逮捕された。

声をかけられた女性のうち、実際に被害にあったのは10~50代の6人。被害にあったある20代女性が「いつまでたっても商品券を送ってこない」と警察に訴え出て、事件が明るみに出たのだという。

「もし男がちゃんとお礼の商品券を送っていれば、詐欺は成立せず、パンストを無事にゲットできたのに」(前出・実話誌ライター)

いやいや、そういう問題ではないと思うが……。

2008年に、東京都内で窃盗の罪で逮捕されたのが50代の「釣りキチ助平」。伸ばすと長さ約2メートル半になる釣りざおに、下着を引っ掛けるための釘を刺した道具を使い、女性用下着を"釣り上げ"ていたのだ。

「18歳頃から盗んでいる。コインランドリーでも盗んだ」

と供述した男の自宅には500枚の下着が! 実に、30年で500枚もの"釣果"を稼ぎ出していたのだ。このたゆまぬ努力と"釣り"の腕前を真っ当な方向に発揮していれば……。

東京弁護士会に所属する若手弁護士によると、「下着1枚なら、せいぜい時価数千円で財産としての価値はない。初犯ならば、軽微な犯罪として執行猶予となるでしょう。ただ、前科があったり、かなり大量で悪質となれば、実刑もあり得ます」

とのこと。刑法235条に定められている窃盗罪の法定刑は、10年以下の懲役単なる下着ドロでは済まされない。

ちなみに、下着を盗むために、見ず知らずの人の家の敷地内に足を踏み入れたり、女子高生の制服や水着を盗むために、学校施設に不法で侵入することも、もちろん犯罪だ。

「住居侵入罪は、刑法130条前段に規定される罪。正当な理由もなく、人の住居などに侵入した場合、3年以下の懲役または10万円以下の罰金になります」(前同)

次ページ >> 自らの歪んだ性欲を満たすため女性を陥れる日本の変態犯罪者断罪リスト

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.