日刊大衆TOP 社会コラム

SEXできる怪談テクニック教えます!

[ヴィーナス8月19日号]

SEXできる怪談テクニック教えます!

いよいよ夏本番。夏といえば海? カブトムシ? いや、カワイイ女子と燃えるような恋に落ちること!
それには何が必要か。そう、ズバリ、うだるような暑さも吹き飛ばす怪談だ。

「女の子って"やだ、怖い"と言いながらも怖い話が大好き。占いや心理テストと一緒で盛り上がるし、上手に話せれば、ドキドキする効果も加わって、"話が上手い人"となりやすい。必然的にモテると言えます」
と語るのは"美人すぎる"怪談作家の宍戸レイさん。

そこで今回は、合コン編、二人きりのデート編、さらにエッチな気分を盛り上げる禁断エロホラー編と、3つのジャンルに分けて、宍戸流の「SEXできる怪談テクニック」を伝授してもらった。

 女の子の背筋とアソコをゾクゾクさせる怪談テクから、そのまま使える怖い話まで……さあ、口下手な君も、これをマスターすれば夏の勝者になれるはず!

合コンで落とす怖い話実例①

先週、霊感がある会社の上司と地方に出張に行ったんだけど案の定、上司が泊まったホテルの部屋に幽霊の気配を感じたらしいんだ。上司は次の日もアポが早いし、穏便に済まそうと思って率直に「私に恨みがあるんですか?」って聞いた。でも音沙汰なし。「じゃあ私が質問をするので、ハイだったら1回ポン、イイエだったら2回ポンポンと音を出して」ってお願いしたら、ポン。だから、もう一度「私に恨みがあるんですか?」と聞いたら、ポンポン。それなら話をちゃんと聞いてあげれば危害は加えない。「ここで死んでしまったんですか?」、ポン。「誰かに殺されたんですか?」、ポン。「それは可哀相でしたね、お悔み申し上げます。明日、早いので今日は静かに寝かせてくれますか?」、ポンポン……ポン。あれ、3回? ハイ、イイエのどっちだろうと思って「いま、一人ですか?」、ポンポン。「何人いるんですか?」、ポンポン……バンバンバンバンバンバンバン! そう、部屋中に幽霊がいたんだ。


STEP1 怖い話で盛り上げて好感度アップ合コン中の怪談テクニック

大勢の男女が集まる合コンでは、いかに自分に興味を持たせるかがポイントですよね。でも、脈略なく怖い話を始めるのはNG。「女子を怖がらせたい」という下心が丸見えです。

そこで、その場にいる誰かの馴染み深いものや、そのときに話しているテーマを怖い話の導入にする。

たとえば、合コンに参加している子と旅行話をしていれば、「そういえば、この前、旅行先で泊まったホテルで怖いことがあって」というように、普通の会話からキッカケを作るんです。

すると、女の子たちは自然に興味を示してくるし、自分の馴染み深いものに、「実は……」って急に真顔で言われれば、"なんだろう?"って思います。

もちろん1人か2人は、超怖がりな女の子がいて「やめて!」と本気で嫌がるかもしれません。

そんなときは一番真剣に聞こうとしている女の子の目を見て話を始めましょう。

これは大勢の場で話すときのテクニック。何人いようと、誰か一人に的を絞って話すことで、全員が引き込まれていく集団心理です。

次に大切なのは、合コンでの怪談では「自分の感情」は排除すること。話が詰まったりしたときなど、意外にやりがちなんですが、話の最中、"ここが怖くてさ~"みたいに自分の感情を説明しちゃうと、逆に聞いてる側はホッとしてしまうんです。

それよりも自分の感情は語らず、ただ、その場の状況や様子、匂いなどを言葉で淡々と描写したほうが、その場にいる気分になって引き込まれていきます。

さらに、怪談では「がぎぐげご理論」が効果的です。

人間は本能的に足音の「ガッガッガッ」とか扉が開くときの「ギィ~」など"がぎぐげご"が含まれる擬音語を恐ろしいと感じるんです。これらの音を要所要所に挟みながら話すと、聴衆はさらに引き込まれていきます。稲川淳二さんはよく使われていますね。

そして最後。特に合コンのようなたくさん人がいる場面では、言葉だけでなく本物の音を使うこと。机を叩いたり、手を叩いたり。上の実例①にあるポンやバンなどの音は、ぜひ机を叩いて試してください。

女の子は、絶対に「キャアーー」となります。お化け屋敷的なノリの怪談は、ハラハラドキドキ。女の子たちは、アトラクション的に心を奪われるはず!

次ページ >> SEXできる怪談テクニック教えます!

SEXできる怪談テクニック教えます!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.