日刊大衆TOP コラム

ストレスで温度が下がる体のパーツは?

[週刊大衆09月15日号]

「ストレス」。この言葉はもともと物理学の用語で、物体に加えられる圧力のこと。ボールを手で押すと、いびつに変形します。そのゆがんだ状態がストレス。

人の心身に与える影響を表すようになったのは比較的新しく、20世紀になってからです。ストレスは不眠や下痢、頭痛、胃潰瘍(かいよう)などの原因で、健康的な生活の敵。一般的には、そんなふうにマイナスのイメージでとらえられることが多いようです。

しかし最近は、ストレスは必ずしも悪いものではないという考え方が主流。過度にならない適度なストレスは「人生のスパイス」で、やる気の原動力や能力開発につながると言われています。

確かに、人はこんな言葉がなかった昔からストレスにさらされ、それを乗り越えることで成長してきたはず。定年でストレスから解放されたとたん、老け込んで体調を崩すケースもあります。ある程度のストレスは必要なのかもしれません。

体はストレスにさまざまな反応をしますが、最も反応が出やすいのは顔の一部。サーモグラフィで温度を測ると、ストレスが大きければ大きいほど温度が下がるパーツがあるそうです。そのパーツとは?

①.鼻
②.耳
③.唇


答えはココを押す! 答え :①


出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.