日刊大衆TOP 社会

芸術家が埋めた金塊が原因!?「英国海岸で宝探し騒動」

夏も終わりの8月29日、イギリス南部フォークストンの砂浜が、金を探す人たちで溢れかえった。
実はこれ同地で3年に1度開催されているフォークストントリエンナーレのイベントとして行われたもの。ドイツ人芸術家のミハエル・サイルストルファー氏が埋めた300ポンド(約5万円)相当の金塊30本を、見つけた人は自分のものにしていいという、参加型のアートなのだ。総額はおよそ1万ポンド(約170万円)。金塊を手に入れようと砂浜に集まった人数は500人と発表されており、中には金属探知機を持参したつわものもいたとか。
ミハエル氏が作品で掲げているテーマは「日常の崩壊」とされており、確かになんてことないビーチでの金探しは、退屈な日常を忘れさせるワクワク感に満ちている。
ちなみに今回のイベントで金塊を見つけられたのはたったの4人だったそうだ。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.