日刊大衆TOP 社会

危険ドラッグ!米国でもやっぱり…

[週刊大衆09月15日号]

全米でも危険ドラッグでの事件が多発。

コロラド州では、今年だけで危険ドラッグを吸っての交通事故が40件を超え、これらの吸引により昏睡状態に陥った人が6人も出ているのだ。

現地ではドライハーブや合法マリファナなどの名称で専門店などで販売されているが、州議会ではあまりに被害が多いため法規制の対象にすることを検討中だ。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.