日刊大衆TOP 芸能

日本が世界に誇る「アイドルグループ」豪華絢爛フェロモン史

[週刊大衆09月22日号]

アラサーちゃんVS焼き直しドラマ 夏の連ドラ決戦

年間ヒットチャートで、トップ20のうち18曲がアイドルグループの作品――。わが国の音楽シーンは、世界にも類を見ない状況だ。そこで今回、第一部ではアイドルグル―プの歴史を、続く第二部では個々のメンバーのフェロモン史に焦点を当てて紹介していこう。

第一部 女性アイドルグループの変遷

1950年代には、スリー・グレイセスなどの女性コーラスグループや、かしまし娘のような音曲漫談トリオがすでに活躍していたものの、「女性アイドルグループ」の誕生は、1960年代の直前まで待たねばならなかった。

伊藤エミとユミの双子の姉妹、ザ・ピーナッツ(59年デビュー=以下同)である。日本語の歌詞をつけた海外のヒット曲や、洒脱な和製ポップスで人気を博した彼女たちは、同年にデビューしたこまどり姉妹とともに「双子の女性デュオ」というジャンルを確立させた。

この流れは、のちにザ・リリーズ(75年)、リンリン・ランラン(74年)に引き継がれた。また、コンビの間に血縁関係はないものの、70年代に社会現象にもなったピンク・レディー(76年)や、80年代のWink(88年)、90年代のPuffy(96年)も、いわばそのチルドレンと言えるだろう。

1970年に登場したゴールデン・ハーフは、大人数グループの走りと言っていいだろう。その名にたがわず、メンバーすべてがハーフというこの4人組は、ミニスカで見せるスタイルの良さと、エキゾチックな雰囲気で人気者に。

また、ラン、スー、ミキの3人組によるキャンディーズ(72年)は、人気やレコードの売り上げではピンク・レディーに後れを取っていたものの、人気絶頂の78年、後楽園球場に5万5000人の観客を集めた解散コンサートによって、後世に語り継がれる伝説的グループとなった。

1980年代前半の芸能界は、アイドルグループにとって冬の時代。かろうじて、少女隊(84年)やセイントフォー(84年)が気を吐く程度だった。

そんななか、革命は深夜番組から始まった。素人の女子大生による『オールナイトフジ』(83年開始)によって、"女子大生ブーム"が起こったのだ。出演者はオールナイターズと呼ばれ、番組からはおかわりシスターズ(84年)なる派生グループも誕生、レコードデビューを果たしている。

番組の成功に味をしめたフジテレビは、85年に素人の女子高生を中心に据えた番組『夕やけニャンニャン』を開始。モンスターグループ、おニャン子クラブ(85年)の誕生である。

おニャン子が後世に与えた影響はとてつもなく大きく、その後、テレビ局主導のグループが形を変えて、いくつもデビューした。

フジテレビによるタレント育成講座『乙女塾』は、CoCo(89年)、ribbon(89年)を輩出。負けじとテレビ朝日は、番組『桜っ子クラブ』でさくら組(91年)をプロデュースしている。

なお、フジテレビが生んだアイドルグループの流れは、短命に終わったチェキッ娘(98年)を経て、現在も活動中のアイドリング!!!(06年)に引き継がれている。

平成に入ると、「巨乳ブーム」のあおりを食らい、アイドル界にもセクシーなお姉さんグループが台頭するようになった。C.C.ガールズ(90年)、ギリギリガールズ(91年)、シェイプUPガールズ(94年)などである。

一方、素人ばかりのおニャン子ブームの反動で、90年代はダンスも歌もきちんとこなす"職業的"アイドルグループが登場した。

真っ先に注目を集めたのは、東京パフォーマンスドール(90年)であったが、その後、沖縄アクターズスクールの出身者が世を席巻するようになる。スーパーモンキーズ(92年=後に安室奈美恵とMAXに分裂)、SPEED(96年)、Folder5(00年)などは、歌唱力とパフォーマンス能力の高さが観客に支持された。

次ページ >> 日本が世界に誇る「アイドルグループ」豪華絢爛フェロモン史

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.