日刊大衆TOP 社会

まさに捨て身の攻撃!? 目から敵に血を飛ばすトカゲ

我が身を守るため、敵に対し捨て身の攻撃をする生物は多いが、まさか自分の血を使うとは!?
アメリカの砂漠地帯に生息するサバクツノトカゲは、体長10センチ前後の小さなトカゲ。その名の通り全身にトゲを生やし、いかにもゴツイ外観だが、性格はおとなしく主食もアリとつつましい。

さてこのトカゲくん、天敵である狼やコヨーテが来ると基本はさっさと逃げるのだが、それができぬとなると最終手段に打って出る。なんと相手の目を狙い、自分の目から血を放出するのだ。飛距離は2メートル近くにもおよび、その成分には相手の嫌う成分が含まれているという。この攻撃で使われる血液の量は、体内の1/3。まさしく命がけの攻撃なのだ。ちなみにこのサバクツノトカゲ、ペットとしても流通しており、日本にも輸入されているという。
それでは、サバクツノトカゲ、渾身の目から血飛ばしをどうぞ!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.