日刊大衆TOP 娯楽

【井崎脩五郎】数字的にありえない片寄り

競馬新理論 井崎脩五郎
数字的にありえない片寄り



数学者で、たいへんな競馬好きでもあった渡辺平太郎博士が、こうお書きになっている。

「競馬の世界では、数学的にありえないことが、しばしば起きている」

さしずめ、8月31日(日)の札幌4Rの枠組みなどは、その部類に入るのではないかと思う。

12頭立てで行われたこのレースを、2頭ずつ次の六つのグループに分けてみる。

ゼッケン 1、2番=「A」
〃 3、4番=「B」
〃 5、6番=「C」
〃 7、8番=「D」
〃 9、10番=「E」
〃 11、12番=「F」

すると、各グループの馬名の末尾が、とんでもない片寄りを見せていたのだ。

AとDは、ともに「スト」
BとFは、ともに「スン」
Cは、「スス」
Eは、「ーー」(音引き)

この日は友引で、友引の日は昔から、名前の頭文字や尻文字が、よく似たグループができやすいと言われている。しかし、それにしてもの片寄りかた。

で、結果はというと、Eグループの両馬で決まって、馬連が2710円(馬単7120円)9番カフジスター1着10番エンジェルラダー2着なんと両馬の頭文字は「カエ」(買え)になっていた。



■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。


【井崎脩五郎】数字的にありえない片寄り

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.