日刊大衆TOP 芸能

2012年芸能美女「輝く! おっぱい大賞」発表! vol.1

[週刊大衆12月24日号]

今年の芸能界を、美女のおっぱいとともに振り返る本誌恒例「輝く! おっぱい大賞」2012年版をお届けしよう。

巨乳に定評のある"ビッグ3"の争いとなった「おっぱい大賞」は、新妻・上戸彩が、女王・綾瀬はるかのV5を阻止して初戴冠。綾瀬が金賞、長澤まさみが銀賞という結果になった。

「"隠れ巨乳"といわれて久しい上戸と長澤は、いまや"巨乳解禁"モード。グラドル時代から巨乳で知られる綾瀬とともに、誰が大賞になってもおかしくないですが、9月にEXILEのリーダー・HIRO と"バースデー入籍"した上戸が、話題性で一歩リードした感がありますね」というのは、TV美女研究家の八木晶王氏。

「実際、結婚後の上戸は色っぽさが大幅アップ。新妻フェロモンがダダ漏れ状態ですからね。上戸と一緒に温泉旅行に行くほど仲がいいベッキーが、"結婚してから、彼女はどんどんキレイになっている"と証言してますが、おそらく、上戸のおっぱいをしっかりチェックしたうえでの発言だと思います」

イベントなどでも、豊満な胸元を強調したセクシードレスを着ることが多くなった上戸。来年も、この調子でお願いしたいものだ。

12月18日公開のvol.2に続く・・・。

一方、来年のNHK大河ドラマ『八重の桜』に主演する綾瀬はるかは、おっぱいに関しては、今年はやや抑え気味だった。
「今年の大河『平清盛』の視聴率が史上最低だったこともあって、NHKは綾瀬を猛プッシュしています。『八重の桜』で彼女が演じるヒロイン・八重は、幕末から明治維新にかけて活躍した会津藩出身の女傑。桜色の着物を着た綾瀬が凛々しくスペンサー銃を構えているポスターも好評です」(テレビ誌記者)

今年より視聴率が悪くなることはあり得ないうえ、綾瀬主演とくれば、『八重の桜』のヒットは約束されたようなものだろう。

エッセイストの下関マグロ氏は次のようにいう。
「彼女に着物がよく似合うことは、大ヒットしたドラマ『JIN-仁-』でも証明済みですからね。『八重の桜』では、着物でデカパイを押さえつけられた綾瀬と、明治になって胸元の大きく開いたドレス姿の綾瀬の両方が楽しめそう。お約束の"巨乳揺らし"シーンも、絶対に見せてくれるはずです」

おっぱいだけでなく、オリコンの「女性が選ぶ"なりたい顔"ランキング」でも、昨年に続いてV2を達成した彼女。透明感のある美肌と天然キャラでも支持されている綾瀬の人気は盤石だ。

長澤まさみは、昨年公開の映画『モテキ』でFカップ巨乳をTシャツの上から鷲掴みにされたうえ、ディープキスまで披露し、"エロ開眼"といわれたもの。今年はドラマ『都市伝説の女』(テレ朝系)で女刑事に扮し、超ミニから美脚を露わにしてくれたが、「おっぱいに加え、脚線美でも注目された1年でしたね。彼女がパンツスーツ姿のドラマ『高校入試』の視聴率が低迷したのが、何よりの証拠です」(芸能記者)

素顔の長澤は酒豪で下ネタ好き。ギャハハ笑いと、股間にバナナを当てて踊る"バナナダンス"が広く知られるようになったことで、より親近感が増したことも確かだ。
「来春公開の映画『ボクたちの交換日記』で、長澤は昼は薬局で働き、夜はキャバ嬢という女の子に扮しています。彼女の巨乳と美脚が堪能できる作品になりそうです」(前同)

そのほかの部門別受賞者は vol.5のとおりだ。

「清純派部門」の大賞は堀北真希。今年の彼女は、映画『ALWAYS三丁目の夕日’64』で始まり、春からはNHKの朝ドラ『梅ちゃん先生』、暮れは『NHK紅白歌合戦』の紅組司会という、充実の1年となる。
「堀北の胸は、大きさはともかく、昭和の匂いのする可憐なおっぱいという感じですね。間違いなく美乳ですよ」(前出・八木氏)

いまだ"スキャンダル処女"の堀北に対して、金賞の石原さとみは"肉食系"の本性(?)が見え隠れ。
「舞台『ロミオ&ジュリエット』で共演した石原と佐藤健は、打ち上げの席で、人目もはばからずにイチャイチャしていたそうです。フジの月9『リッチマン、プアウーマン』で共演した小栗旬とも終始"いいムード"。小栗のほうが、彼女にメロメロになっていたといいます」(女性誌記者)

ちょっとした"共演者キラー"ぶりを発揮しているようなのだ。
「石原のぽってりした唇と、ほどよく実った胸は、男にとってご馳走以外の何物でもありませんよ」(民放ドラマ関係者)

銀賞の井上真央は、映画『綱引いちゃった!』に主演したほか、夏に出演したビール系飲料のCMも好評だった。それも道理で、「井上はああ見えて大変な酒豪。『綱引いちゃった!』では酒好きな彼女のために、監督が居酒屋のシーンで本物の酒を飲ませる、粋な計らいをしたそうです。無類に酒が強い彼女は、まったく酔っていないのに酔っ払った演技を披露して、スタッフ一同の喝采を浴びたとか」(芸能記者)

ホロ酔い加減になると、「私、けっこう胸もあるのよ」と豪語することもあるという井上は、やっぱり銀賞にふさわしい!?

12月18日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.