日刊大衆TOP コラム

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第29回

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第29回

もっと画像を見る

私の知り合いに、50代後半で頭髪が「まだらハゲ」状態のBというライターさんがいる。彼は若い頃から薄毛を自覚していて、ありとあらゆる治療に励んできた人だ。それこそアメリカまで行って治療したりして、これまでハゲ治療にウン千万円と費やしてきたらしい。

私がいちばん最初にヒルズタワークリニックでAGA治療を受けると決まったとき、Bさんとの間で、こんなやり取りがあった。

「今度、僕(S)、髪の毛増やすんですよ」
「はあ? どうやって?」
「AGA治療ですよ。医学ですよ、医学」
「いやいや(笑)。Sくん、髪の毛ってのはね、1回抜けたら生えてこないもんだから。髪の毛にいいっていう育毛剤だのなんだの、いろいろあるけど、ああいうのは気休めでしかないんだよ。ムリムリ」

そう言って鼻で笑っていたBさんが、先日、私の頭をしげしげと見て、ボソリとつぶやいた。

「ん…? 生えたね…。髪の毛って生えるんだ…」

そのときのBさんの驚いた顔といったら、今思い返してもニヤッとしてしまう。まさに痛快の極みとはこのことだろう。年相応になり、ハゲ治療をあきらめたBさんには悪いが、私の髪の毛はそのぐらい順調に生えてきているということだ。

しかし、順調なことを実感できている一方で、髪の毛のチン毛化が進んでいる。相変わらずシャンプー後の髪の「軋み」がひどく、傷んできているのだ。それは、ヒルズタワークリニックの先生に「リンスは地肌にあまり良くない影響が出ることもある」(第27回参照)と聞いてから、シャンプー後にリンスを使っていないこともあるし、髪の毛も毎日洗っているので仕方ない部分はある。

だから、私はこのハゲ治療が終わった暁には、それこそ伊勢丹にでも行かないと売っていないような1本1万円ぐらいのシャンプーを買いにいこうと決めている。「このデパートでいちばん高いシャンプーください」と言ってやるのだ。シャンプーに1万円なんて高すぎだろ! と思う方もいるだろう。だが、ちょっと待ってほしい。例えば、デリヘル60分が1万円だったら安いと感じるはずである。私にとっては、デリヘルよりも髪の毛のほうが大事だ。シャンプー1カ月分が1万円なら、それは決して高くないのである。

もちろんデリヘルも嫌いではないが、デリヘルは抜けば済む話なのに対して、髪の毛は抜けては困るのである。同じ「抜く」でも全然次元が違う話なのだ!

などと、小粋なジョークを織り交ぜられるのも私の髪が順調に生えているからにほかならない。髪が増えれば、喋りも滑らかになるのである。

(次回に続く)


編集者が送る ガチの育毛プロジェクト ブログ

 

ヒルズタワークリニック
URL:http://www.htc-aga.jp/
診断時間10:00~23:00(完全予約制)
専門の男性スタッフが対応24時間365日相談無料
お電話:0120-36-9696

 

編集部ガチ体験 AGA治療でフサフサ日記 第29回

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.