日刊大衆TOP 社会

汚職警官問題に悩むフィリピンで「新採用基準」定まるが…

[週刊大衆09月29日号]

汚職警官のほうが多いと言われるフィリピンでは、マニラ首都警察が「新規採用する警官の身辺調査を徹底する」と発表。
これは身内に犯罪者やギャングがいる場合はもちろん、自身がスピード違反をしていても書類審査でアウトになるという厳しいもの。
ただし、古参警官はお構いなし。彼らの世代が退官する2050年までは腐敗はなくならない!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.