日刊大衆TOP 社会

安倍晋三の寝首を掻く!? 「陰の宰相」菅義偉 トンデモ素顔

[週刊大衆09月16日号]

同じ「菅」でも、元総理とはこうまで評価が違う!?
 安倍政権のNo.2・菅義偉(すがよしひで)官房長官。
首相のスポークスマンとして、会見にも出ずっぱりの男だ。
政権の安全運転をそつなくこなし、評判もうなぎ登り。
「あの野中広務さん以来の名官房長官。情報収集力があって、政治手腕は正攻法も裏交渉もできる力の持ち主」(ベテラン政治記者)

先頃、官邸機能を強化すべく新たな内閣官房参与に日本維新の会のブレーンで元経企庁長官の堺屋太一氏を抜擢したばかりだが、「安倍首相は、改憲&タカ派の政治信条で協力関係を結びたい橋下氏との"パイプ役"ができたと大いに喜んでいたようです」(前同)

首相のハートもがっちり掴む菅さんは、近頃珍しい叩き上げの苦労人だ。

秋田の高校を卒業後、集団就職で上京。
段ボール工場で働きながら法政大夜間部を卒業、自民党議員の地元秘書に。
横浜市議を2期務め、1996年に国会議員となり、17年間かけて官房長官に上り詰めた。

泥臭くも堅実な職歴、さらに、自ら「総理は目指さない」と公言し、「変な野心がないから信用できる」と評価されていたが、このところ「菅さんは総理を狙い始めた」と聞こえてくる。

政界事情通が解説する。
「8月初め、衆院の当選1~2回生と参院の新人議員の15人が中華料理店で菅さんを囲んだ。その席で"総理は内閣改造に消極的だが、秋には改造させる""私は消費税アップには反対だ。税率を上げたら3年後の衆参ダブルはなくなるだろう"と言い放った。菅さんは下戸で、一滴も酒を飲まないから、酔った勢いでの戯れ言ではない。"菅に野心アリ"という見方が広がったんです」

ご本人は「派閥は作らない」と宣言するが、党内には菅原一秀氏ら中堅の自称・菅派が山ほどいる。
面倒見もよく、若手も慕って来ている。
一気に"菅グループ"ができる可能性がある。
「安倍さんの人気が急降下したり、何かの理由で退陣すれば、ポスト安倍は石破VS菅の一騎打ちになるでしょう」(自民党関係者)

やはり、この苗字、あなどれない!?

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.