日刊大衆TOP 娯楽

【井崎脩五郎】麗しの清見亜衣いまいずこ

競馬新理論 井崎脩五郎
麗しの清見亜衣いまいずこ



「キヨミアイ」という暗号が出た。

9月7日(日)、新潟12Rである。

11番(キ)ョウエイボヌール
12番(ヨ)シカワクン
13番(ミ)ラクルピッチ
14番(ア)ードバーク
15番(イ)ッセキニチョウ

これを見て、すぐさま、グラビアアイドルの清見亜衣(きよみあい)を思い出した人は、もうかなり数少ないに違いない。

今から28年前、昭和61(1986)年に、まさかこのコが脱ぐわけがないという超清純な容貌にもかかわらず、たった一度だけレンズの前にそのスレンダーな裸身と、ツンと上向きの美乳をさらし、あっという間に消え去ってしまったのが清見亜衣なのである。

以後、まったくの消息不明。

「見そめた青年実業家が嫁に迎えた」「親バレして、アメリカへ留学に出された」「担当編集者と同棲している」「失踪した」……

等々の風聞を耳にしたが、結局、真相は分からずじまい。

唯一信憑性があったのは、「サンディエゴのミス・チェリー(桜の女王)コンテストに、通りがかりで強引に出場させられて優勝した女の子が、どう見ても清見亜衣なんですが、名前は違うし、いえ私違いますと言うばかりで……」という取材カメラマンの証言。

はたして清見亜衣、いまいずこ――。

ちなみにこの12R、勝ったのはブライト"チェリー"だった。



■井崎脩五郎 プロフィール
1947年生まれ。東京都出身。競馬評論家・コラムニスト。独特のレース予想と明るいキャラクターで人気を博し、数々のテレビ番組に出演。多数のコラム連載も持つ。


【井崎脩五郎】麗しの清見亜衣いまいずこ

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.