日刊大衆TOP 芸能

12/19~1/8 TV各局美女たちの「年越しおっぱい番組表」 vol.1

[週刊大衆12月31日号]

今年も残りあとわずか。普段はなかなかテレビを観られなくても、年末年始くらいは、と思う方も多いのではないだろうか。

そこで今回、本誌はテレビ美女の豊満な胸を堪能できる「おっぱい番組表」を作成(vol.3・4)。誰が、いつ、どの番組に出演するかを網羅した同表をテレビの脇に置き、年末年始はおっぱいの海に溺れていただきたい。

まず、年末最大の注目番組といえば、『NHK紅白歌合戦』。その紅組司会の大役を務めるのが堀北真希(24)だ。

主演した朝ドラ『梅ちゃん先生』が平均視聴率20%超えの高視聴率を記録したことが抜擢の理由といわれるが、好調の一番の要因となったのが、堀北の「ドラム缶風呂入浴シーン」だ。
「まさに乳首スレスレで、アイドル女優としてはあり得ない露出度。同シーンを予告編で何度も流すなど、NHKも意図的に煽っていました」(テレビ誌記者)

30日放送の『梅ちゃん先生総集編』でもう一度、堪能したい!

好調だった「梅ちゃん」とは対照的に、とんでもない低空飛行となったのが、大河ドラマ『平清盛』。
「歴代最低視聴率7・3%を記録しました。その反省を踏まえて、2013年の大河『八重の桜』には、最強の布陣を敷いてきましたね」(前同)

その最終兵器こそ、主役・新島八重を演じる綾瀬はるか(27)だ。ドラマ本編は1月6日スタートだが、元日の夜22時20分からは、綾瀬に7カ月密着したドキュメント『輝く女綾瀬はるか』も放送される。
「プライベートでは芸能人オーラゼロの黒ぶちメガネ姿なんですが、それがカワイイ。黒の薄いTシャツ1枚で前かがみになったりするから、Fカップの豊乳の谷間がバッチリ。無防備すぎます」(制作会社関係者)

女子アナ評論家の高島恒雄氏が解説する。
「大河で綾瀬が着る衣装を見ましたが、時代的にハカマ姿が多そう。体を張った立ち回りも多く、綾瀬自ら"吹き替えなしで撮影に挑みました"と告白しています。動きの激しいシーンで、ハプニング的に胸元がはだける可能性は十分です」

同じNHKでは、夏菜(23)が朝ドラ『純と愛』に主演している。
胸の膨らみを強調した服で伸びをしてみたり、胸を張ったりするシーンがやたらと多いのは、スタッフがおっぱいマニアの心をよく理解している証拠。

いままで見ていなかったアナタも、大晦日の朝から前半総集編が放送されるので、まとめてどうぞ。

本日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.