日刊大衆TOP コラム

日本で最初にネクタイを締めたのは?

[週刊大衆10月06日号]

大人の男なら誰でも、ほぼ例外なく持っているのがネクタイです。

男はなぜ、あんなものを首に締めるようになったのでしょうか。ネクタイの起源については諸説ありますが、有名なのはクロアチア説です。

17世紀、傭兵としてフランスにやってきたクロアチア兵たちは、クビに鮮やかな布を巻いていたと言われています。その布は、無事の帰還を願う妻や恋人から贈られた"お守り"でした。その姿が「カッコいい」とパリっ子たちの評判になり、マネする者が続出。各地に広がったというもの。

当初はスカーフのような幅広の布だったようです。細長い現在の形になったのは19世紀。競馬で有名なイギリス貴族ダービー卿が締め始め、競馬ファンの間で流行したと言われています。日本でネクタイの製造が始まったのは明治半ばですが、それ以前からネクタイをする人はいました。

日本で最初にネクタイを締めたとされる人物は?

①勝海舟
②福沢諭吉
③ジョン万次郎


答えはココを押す! 答え :③


出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.