日刊大衆TOP 芸能

12/19~1/8 TV各局美女たちの「年越しおっぱい番組表」 vol.2

[週刊大衆12月31日号]

今年、人生の一大転機を迎えたのは上戸彩(27)。9月にEXILEのHIROと入籍したのをきっかけにオトナの色気を解禁して、セクシー女優に大変身。

12月11日には、背中丸出しの超絶スケベドレスで、マスコミの前に登場。湯気の出るような新妻フェロモンを、ムンムンとまき散らしていた。

1月8日からNHKで、そんな彼女の主演ドラマ『いつか陽の当たる場所で』がスタート。元服役囚の上戸が社会復帰を目指して奮闘する姿が描かれるが、共演の飯島直子(44)とのお色気合戦があるかどうかが注目のポイントだろう。

"お色気"などというぬるい言葉では収まりきらないのが、フジテレビの昼ドラ『幸せの時間』。クンニや立ちバックなどの過激すぎるHシーンを毎回のように組み込み、主婦やOLの劣情を刺激。放送が始まるとスーパーから客が消える、という伝説まで生んだ。

28日の最終回に向け、主演の田中美奈子(45)や、神楽坂恵(31)の露出がエスカレートするのは必至だ。

また、"乳スター"として、おっぱい好きのドラマファンから注目されているのが『レジデント~5人の研修医』に主演する仲里依紗(23)。

雑誌『an・an』の美乳特集の表紙では、自慢の谷間を極限まで見せつけ、艶っぽい目でカメラを見つめている。同ドラマも、仲のおっぱいを中心に話を組み立てれば、もっと視聴率が稼げたかも……。

さて、お次は女子アナ。『おはよう日本』のスポーツキャスターを務める杉浦友紀アナ(29)は、NHK随一といわれる豊乳の持ち主。清楚な顔とのギャップがたまらない。同番組に出演中の鈴木奈穂子アナ(30)も童顔に似合わぬ胸の大きさで注目を集めていたが、残念ながら先頃、TBSの局員と結婚。

永田町のセンセイ方が、「奈穂子チャンは、どいつと結婚するんだ!」と、関係各所に電話をしまくっていた、という話もある。

この年末年始、多忙を極めそうなのが加藤綾子アナ(27)だ。
「フジを長年支えてきたアヤパン、ナカミーの退社後、カトパンの知名度と人気度は女子アナナンバーワン。レギュラー出演する『ホンマでっか!?TV』(毎週水曜日21時~)では彼女がイジられまくるので、予想もしないエロいハプニングシーンが見られるかもしれません」(前出・高島氏)

「年間300回セックス」発言などで、エロアナ女王の座をほしいままにしていたのがTBSの青木裕子アナ(29)。
この年末で退社することが決まり、28日放送予定の『爆報!THEフライデーVS サンデージャポン‼』が最後の出演となる。「みんなのみな実」こと田中みな実アナ(26)との、最後のおっぱい対決が見どころになるだろう。
「いつもザックリとした衣装を着ていて、実は、青木アナが胸チラ率ナンバーワンなんです」(前同)

退社は惜しいが、深々と頭を下げる最後のシーンまで目が離せない!!

温泉が舞台のドラマでは必ずおっぱいがポロリ、ゴールデンのバラエティーでも乳首がぺロリ、と平気で出ていた古き良き時代に比べ、どうしても露出を抑え気味な昨今のテレビ番組。その中で、唯一"治外法権"となっているのが、大御所のビートたけし(65)と志村けん(62)の2人だ。

28日の『ビートたけしのあと6回だけヤラせてTV』では、過去に「ノーパンかるた取り」「ノーパン跳び箱」など、やりたい放題。1月1日の『志村&所の戦うお正月2013』でも、おっぱいポロリが期待できる。

以上、駆け足だったが、忙しい年の瀬だからこそ、おっぱいで新しい年への英気を養ってください!

本日公開のvol.3に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.