日刊大衆TOP コラム

日本初の号外の内容は?

[週刊大衆10月06日号]

大きな事件や事故が起きたとき、注目のスポーツ競技の結果が出たときなどには、街頭で号外が配られます。

号外とは、臨時発行物のこと。新聞には第1号から発行順に通し番号がつけられていますが、号外はその発行番号の対象外。番号から外れたものだから「号外」というわけです。

ラジオもテレビも未発達だった時代、号外は早くて貴重な情報源でした。読者に最新の情報を伝えるため、昔は1日に何度も号外を出すことがあったそうです。

しかしさまざまなメディアが発達した現在、印刷物は速報性という点では圧倒的に不利。昔ながらの号外は、いずれ消えてしまうのかもしれません。

さて、問題は日本初の号外です。号外第1号は明治になる直前、中外新聞が発行したものとされています。

その内容は?

①坂本龍馬暗殺
②大政奉還
③彰義隊、上野に立てこもり


答えはココを押す! 答え :③


出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.