日刊大衆TOP 芸能

小向美奈子と小室友里「新旧AV女優」キャットファイトで激突

ph1 ph2
ギッシリ超満員に膨れ上がって熱気ムンムン! 9月19日に新木場1stリングで行われた「CPE キャットファイト夏祭り」は、同会場の過去最高動員数を塗り替える大盛況だった。

女子ファイターたちのくんずほぐれつの激戦が繰り広げられる中、ついに、ある意味伝説の試合が始まった。レジェンドセクシー女優の小室友里選手と小向美奈子選手の登場だ!

ph3

ド派手な入場曲に乗って、3人タッグを組んだ葵マリー選手、小室選手、小向選手がリングイン。両手を高々と上げる彼女たちは、眩ゆい光すら放っている。

ph4 ph5
そして、ゴングが鳴らされた! まずは、小室選手が出てきて、相手選手に水平チョップを数発かます。しかし、相手からもチョップを食らってしまい、これにはたまらず、悶絶だぁ~ッ。

ph6 ph7
続いて、小室選手のタッチを受けて小向選手がファイトを展開する。やはり、彼女の武器はスライム爆乳。攻撃してきた敵が逆にフッ飛ばされてしまうほどの威力だ。はたまた、キャメルクラッチを食らっても、怯まず闘志を燃やす小向選手。

最終第3ラウンドまでもつれ込んだ一戦だが、葵、小室、小向の3選手はとうとうペニバン凶器の暴挙に出た。もはや、収拾がつかなくなり、ノーコンテストで幕を閉じた。

ph8

お次は、セミファイナル戦。こちらも、人気フェロモン女優の若林美保選手の登場である。栗鳥巣選手との対戦で、キャットウーマンのコスチュームに萌えてしまう。

ph9

セクシーポイントを競うという、お色気ルール形式のこの試合。栗鳥巣選手に対し、わかみほ選手が優位に進めていくものの、第2ラウンドでまさかのポロリ、いや、こりゃあオッパイもモロ見え状態だ。

すったもんだのフェロモンファイトの末、結果は21ポイント対15ポイントで、わかみほ選手が勝ち名乗りを上げた。

ph10

さあ、いよいよメインイベント! お決まりの入場曲「ワイルド・シング」が鳴り響き、威風堂々、大仁田厚選手が現れた。やはり、オーラが違うなぁ~。

ph11

ゴング開始後、大仁田選手がいきなり毒霧噴射をかます。さらに、ジャーマンスープレックスやパイルドライバーはもちろん、机、パイプ椅子の邪道攻撃も繰り出される大迫力戦だ。

ph12

両チームともグロッキー状態の中で、15分を超える熱闘は、大仁田選手とタッグを組んだ石橋葵選手がスリーカウントを奪われ、なんと大仁田組は無念の敗北を喫したのだった。でも、最後のマイクパフォーマンスもカッコイイ~!

そんな感動的な肉弾ファイトの余韻に浸りながら、帰り際、小室友里さんとチェキ撮っちゃいました。

ph13


「お客さんからのパワーが凄かった。そのパワーをもらって闘いましたね! 最初に名前をリングコールされた時、ウォーッてなったし、脚で踏みつけて蹴っ飛ばしたのも何か快感でした♪」

そう興奮しながら話す小室さん。 -読者の皆さんにと、サイン入りチェキ写真をプレゼントしてくれたぞ(10月のプレゼントページをチェックしてください!)
いや~、大満足のキャットファイトでした。

CPE公式サイト
http://www5d.biglobe.ne.jp/~cpe/

小向美奈子と小室友里「新旧AV女優」キャットファイトで激突

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.