日刊大衆TOP 芸能

加藤綾子アナVS高島彩 女子アナ界新旧エース「熟れ蒸れフェロモン3番勝負」 vol.1

[週刊大衆1月7日・14日合併号]

長らく、女子アナ界に君臨してきた女王の歴史を、いま新星が塗り替えんとしている――。

「"絶対的エース"として、女子アナ界を牽引してきた高島彩(33)の偉業を超えるほど、"新エース"加藤綾子アナ(27)が目覚ましい活躍を見せているんです」(芸能記者)

高島といえば、『ORICONSTYLE』が毎年実施する好きな女子アナランキングで、V5を果たし、殿堂入りするなど絶大な人気を誇ったが、11年10月に『ゆず』の北川悠仁と結婚。翌年にはフジを退社してフリーアナウンサーとなり、第一線を退いた。
「ただ、その人気は根強い。特にCMでの好感度が高く、12年の秋から出演料が前年の倍近い3000万円ほどに跳ね上がったとの話も」(広告代理店関係者)

そんな"伝説の女"に挑まんとしているのがフジの後輩、加藤アナなのだ。加藤アナは3局のテレビ局から内定を得た"スーパー綾子"といわれた逸材。高島がV5を達成した前述のランキングでも、昨年から2連覇を達成している。
「特に、そのランキングでの男性からの支持率は高島以上で、今後も"長期政権"となることが予想されます」(前同)

そんな女子アナ界の新旧女王、いったい、どっちがエロいのか、"熟れ蒸れフェロモン"を徹底比較して、ハッキリさせましょう。

まず、1発目はオヤジたちのアイドルに欠かせない条件"おっぱい勝負"だ。

女子アナ評論家の高島恒雄氏は、まず高島のおっぱいを、こう分析する。
「彼女はあまり"巨乳"で騒がれることはありませんでしたが、それはフジテレビが巨乳押ししない局だから。昔の話ですが、研修時代に、同期とグアムに行った際、目の前のプールに飛び込んだ拍子に水着から、おっぱいがこぼれ落ちるというハプニングがありました。大きくなければ拍子でポロリなんてことにはなりませんから、相当なものを秘めていると思いますよ」

さらに、結婚し、旦那に揉まれて、巨乳化しているとの話もあるのだ。

一方の加藤アナは、過去に番組で共演したさんまに"Eカップ"と暴露されるなど、大きさに定評がある。
「12月に放送された『ウチくる!』で、カトパンが高校生のときのピアノの演奏会の映像が流れたんですが、ピアノの鍵盤に胸が当たってしまうんじゃないかと思うくらい、胸の存在感が半端なかったんです。まだあどけない10代の頃から、あれだけのモノを待っていたら、現在は推して知るべしといった感じでしょうか」(テレビ誌記者)

しかも、彼女、その大きすぎるおっぱいの活用にも長けているようだ。
「あるバラエティー番組のスタッフが打ち合わせをするため、加藤アナとエレベーターに乗って移動していたんですが、エレベーターが混んでくると、彼女がピタっとスタッフの肘に胸を押しつけてきたというんですよ」(フジ関係者)

その後、そのスタッフが彼女のほうを見ると、ニッコリ微笑み返してくれたというのだから、"息子"がエレクトしても無理はない。

ということで、一発目は自身の巨乳を巧みに操る加藤アナの勝ちだろう。

続いての勝負は"オヤジ転がし"対決。高島は『平成教育委員会』で長年、コンビを組んだビートたけしが首ったけ。
「たけし扮するおじさんの家に、小学生役の高島が遊びに行くコント仕立ての課外授業のコーナーでは、いつも"風呂に入ろう"とセクハラを迫り、高島の笑顔を見てデレデレした表情を見せています」(前出・テレビ誌記者)

お笑い芸人でテレビ美女妄想家のユリオカ超特Q氏は、「高島アナは、暴走キャラの芸人さんに動じず、"○○さん、生放送ですよ"と優しくたしなめ、コントロールするのが本当にお上手。あれをされると、どんな大物も子供に戻ったような顔になってしまうのが不思議」と、まさに"オヤジ転がし"の天才と絶賛する。

一方の加藤アナには明石家さんま、志村けんのご両人がメロメロ状態。
「カトパンといえば、『ホンマでっか!? TV』のさんまに寵愛されてきましたが、最近は、志村けんもコントの相手にカトパンを指名するなど、ファンを公言。そんな志村に、彼女は"嬉しいですぅ~"とボディタッチで応えるものだから、さらに志村をその気にさせ、最近では、"カトパンと結婚する"といい出しているとか」(番組関係者)

芸能界の大物たちを次々に虜にする2人。その裏には、オヤジ殺しの必殺技があるのだという。ジャーナリストの片岡亮氏が、こう説明する。
「カトパンは小悪魔タイプ。男性スタッフにも気兼ねなく話しかけるそうで、新しい口紅を買った際には、"ねぇねぇ見て見て~"なんて突き出した唇を指さしながら、話しかけてくることもあるらしいですよ」

そんなことをされたら、大物芸人だろうが、男なら誰でもイチコロだろう。

続けて、片岡氏は高島について、こう説明する。
「アヤパンは競馬、麻雀など男の話題に強いんです。情報番組の男性スタッフがスポーツ紙を広げて3人くらいで競馬の予想をしていたら、彼女が近くに寄ってきて、"私にも見せて、見せて~"なんて男性に肩をくっつけながら、前かがみで話かけてきたりするそうなんです。なかには、胸が当たったなんて人がいてもおかしくないと思いますよ」

さらには、競馬だけじゃなく、風俗欄のAV女優の裸を見ていても"この人、人気あるんでしょう?"といいながら、割り込んでくるというのだから、話かけられたほうはアヤパンの全裸しか浮かばないだろう。

この勝負、男を赤面させてしまうアヤパンの勝ち。

1月1日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.