日刊大衆TOP コラム

日本にある毒キノコは何種類?

[週刊大衆10月13日号]

生き物の生命活動に不都合を引き起こす物質である毒は、私たちの身の回りに意外と多く存在しています。たとえば、薬は基本的にすべて毒物。量や用法を間違えると大変なことに。どこの家庭にもある洗剤や消毒薬にも毒が含まれています。

今の季節なら、野山に生えているキノコに要注意。毎年、何百人もが中毒で病院に担ぎ込まれています。食べられるキノコと毒キノコを100%確実に見分ける方法はなく、素人の判断は危険。

「縦に裂けるキノコは食べられる」とか「虫に食われているキノコは人が食べても大丈夫」などの俗説もウソです。

ただ、毒キノコの種類はそれほど多くなく、数種類を見分ける知識があれば大部分の中毒は防ぐことができるそうです。

日本には約5000種類のキノコがあります。そのうち、人に深刻な被害を与える毒キノコは何種類ぐらいといわれている?

①50種類
②100種類
③200種類


答えはココを押す! 答え :①


出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.