日刊大衆TOP 芸能

大好評!恒例企画2012年SEXしたい美女優ベスト100 vol.1

[週刊大衆1月7日・14日合併号]

本誌恒例の「オレがSEXしたい美女優」ランキング、2012年度版をさっそく、お届けしよう。

今回は読者アンケートのハガキと面接調査による1949人分の回答を集計。激戦を制して初戴冠したのはEXILEのリーダー・HIROと9月に結婚した上戸彩だった。

「新妻フェロモンっていうの? 前から可愛かったけど、結婚して、ものすごく色っぽくなったよね」(37=IT関連企業勤務)

自身の27歳の誕生日に、16歳年上のHIROと"バースデー入籍"して話題になった彼女だけに、「40男のオレにも希望はあると勇気づけられました。ま、HIROみたいなキレ味鋭い腰遣いは、オレには絶対無理だけど(笑)」(44=量販店勤務)

なんて声が。さらに、「毎晩、子作り三昧なんだろうね。そりゃ、乳もデカくなるわな」(49=長距離 トラック運転手)

人妻・上戸のさらなる巨乳化に期待する声も。

彼女に関しては、お父サン世代も総じて祝福ムード。初戴冠も結婚のご祝儀相場といったところか。

2位は上戸同様、かつては"隠れ巨乳"と呼ばれた長澤まさみ。

映画『モテキ』では、おっぱいをワシ掴みにされ、連ドラ『都市伝説の女』では美脚全開のミニスカ姿を披露。巨乳と美脚のツープラトン攻撃で、男たちを悩殺した彼女には、「おっぱいもイイけど、脚の長さと形のよさでもナンバーワン。パイズリで一発、素股と足コキで2発はイケる」(43=鉄工所勤務)

「酔うと下ネタを連発するって、週刊大衆に書いてあったよ。美人なのに、お高く止まってないところがいい。エッチとはいわない。忘年会や新年会で、ぜひ長澤まさみと一緒に飲んでみたいね」(47=商社勤務)

エッチな願望を募らせるオヤジから、「せめて酒でも」というサラリーマンまで、幅広い支持を集めての2位への躍進だ。

「13年の長澤まさみは、スペシャルドラマ『女信長』、映画『潔く柔く』のほか、アジア諸国で放送される台湾ドラマの『ショコラ』にも出演。さらにビッグな女優になりそうです」(芸能記者)

推定Fカップのおっぱいも、ますますビッグになることは間違いない!?

4連覇中だった綾瀬はるかは、上戸と長澤にV5を阻まれ、今回は3位。といっても、上戸とは9票差、長澤とはわずか1票差。綾瀬の人気は健在といっていいだろう。

「年齢を重ねるごとに綺麗になってるような気がします。痩せすぎて、おっぱいが縮まないように気をつけて!」(37=公務員)

「スレンダーなのに巨乳という、男が一番好むエロいカラダをしてますね。天然すぎるキャラも好感度が高いです」( 50=理容師)

さらに、こんな声も。「綾瀬はるかには嫌いなところが見つからない」(41=食品メーカー勤務)

これぞ究極のホメ言葉!? まったく同感、という男性も少なくないはずだ。13年のNHK大河ドラマ『八重の桜』で彼女が演じるのは、幕末から明治にかけて活躍した会津藩出身の女傑・新島八重。
「綾瀬が扮するヒロインは可愛く、凛々しく、美しいと、放送前から評判ですよ」(テレビ誌記者)

13年も、綾瀬の快進撃は続きそうだ。

以上がベスト3の顔ぶれだが、エッセイストの下関マグロ氏はこう分析する。
「3人のうち、誰がトップに立ってもおかしくないですが、人妻になった上戸彩が、おっぱいひとつ分リードした感じですね。長澤まさみもエロさが倍増。胸フェチ、脚フェチにはたまらない存在になりました。綾瀬はるかも『八重の桜』では、西洋ふうの胸元の開いたドレスを着て、おっぱいをブルブル揺らしてくれるはずです」

引き続き3人のおっぱいバトルに注目したいと語るのだ。

1月3日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.