日刊大衆TOP 芸能

ズバリ本音で美女トーク☆宮地真緒(女優)

[週刊大衆10月20日号]

ズバリ本音で美女トーク☆宮地真緒(女優)

もっと画像を見る

「カメラがまわっているときは私のようで私じゃないので過激な濡れ場も意外と平気でした!」

NHK連続テレビ小説『まんてん』で女優として注目を集めた宮地真緒さん(30)。そんな彼女も今ではすっかり大人の女性となり、最新主演映画『妻が恋した夏』では不倫に走る人妻を熱演した。プライベートでは三十路を迎え、そろそろ結婚も……!? 恋愛観も含めそのあたりに迫ってみました!

――それにしても、相変わらずスリムな体型ですね。

宮地 私、すぐ痩せちゃうタイプなんですよ。正直、自分の体が嫌いなんです。

――ブログでも"脱ガリガリ体質"なんて綴(つづ)っていましたが……。

宮地 はい。現状としてはあと3キロは欲しいかな。

――でも、同世代の女性からしたら、すごくうらやましい悩みですね。

宮地 よくそう言われるんで、ホント申しわけないなって思うくらい。今回主演を務めさせてもらった映画『妻が恋した夏』みたいに、ラブ・シーンや肌の露出がある撮影では、肉感的なほうがセクシーに見えると思うので、たくさん食べるように心がけました。"常に満腹!"みたいな生活をしばらく続けていたんです。

――変化はありましたか?

宮地 お米やパスタなど、炭水化物を小腹が減るたびに何度も食べていたんですけれど……。1キロぐらいしか変わらなかったかな(苦笑)。

――なるほど。お話に出ました『妻が恋した夏』ですが、ひと言でいえば"人妻の不倫"もの、ですね。

宮地 そうですね。でも、こんなことを言ってはいけないと思うんですが、演じたかおりになかなか共感できなかったんです。

――どのあたりがですか?

宮地 個人的に不倫って嫌いなんです。だから、お芝居とはいえ、かおりの心境が理解し難く、撮影中はずっと葛藤していたくらいだったんです。

――具体的にどのシーン?

宮地 不倫の末の妊娠がわかって病院から出てきたときの表情が、監督からは"暗い"って。女性の心情として宿ったお命をどうするか……堕ろすとしたら、人間の命をひとつ奪てしまうことになるから、明るい顔なんてできない……って思ったんですけど。そもそも私だったら、そんなヘマはしない(笑)。

――これまでも不倫をする人妻の役を演じられていますが、それでも共感はできなかった、と。

宮地 以前に出演した映画『失恋殺人』は、昭和初期という時代背景で、設定も親からの政略結婚で好きでもない人と結婚してしまい、そのあとで出会った人をすごく愛してしまうというもの。だから、夫以外の人に突っ走る気持ちは、わからなくもないというか。人間とやしてもストレートで、演りやすかったんですけど。

――そうなんですね。今回、かおりを演じるうえで心がけたことは?

宮地 やっぱり優しい女性ってことですかね。だから、他人を突き放すことができなくて夫を愛しながらも、かつての同級生とも関係を持ってしまう……。八方美人っていうのかな。

――物語の流れから濡れ場も必然的にありましたね。やっぱり緊張しました?

宮地 それが思ったほどではなかったんですよ。

――今回が初めての撮影じゃないですもんね。

宮地 そういうことよりも、カメラが回っているときは私であって私じゃないんで。結構、何をしようと平気なところがあるんです。

――つまり、その役に成りきっている、と。

宮地 そんな感じですね。もちろん自分としてやれとなれば、「嫌ですよ~!」ってなりますけど。かおりとして、映画の中では絶対必要なシーンだと考えると、"全然大丈夫!"ってほどではないですけど……、普通のお芝居と同じように演れちゃうんです。

次ページ >> ズバリ本音で美女トーク☆宮地真緒(女優)

ズバリ本音で美女トーク☆宮地真緒(女優)

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.