日刊大衆TOP 岩井志麻子

【すれ違った女達】 4/4話

2014-11-25

岩井志麻子のあなたの知らない路地裏ホラー

田舎で芸能人を夢見ていた頃も、東京で頑張っていた下積み時代も、人気タレントになった今も、秋絵は日記をつけ続けているそうだ。

「私と運命がすれ違った、入れ替わったに違いないミリア。彼女のことも、当時の日記帳を開いたら詳しく書いてあるわ。ストリッパーを続けていたら殺されずにすんだのかな、それとも別の男のに殺されたのかな、なんて書いた覚えがある」

SM嬢になったミリアが客に殺されたと推定される日、秋絵は寝ていたら突然に猛烈に喉が痛くなり息がつまり、死ぬ恐怖に慄いたと書いていた。
そのときは、悪い夢を見たと無理矢理に自分を納得させたという。

それからしばらく、鬱蒼とした森か山の中に捨てられた自分が、どんどん腐って骨になっていく夢を見続けた。
後からわかったが、殺されて衣服をはぎ取られて全裸にされたミリアは、樹海に獣かゴミのように捨てられていたのだ。

ミリアが発見されて事件が発覚したときから、悪夢は見なくなったそうだ。

「私が風俗嬢になって客に殺されて、ミリアがタレントになっていたかもしれない。そっちが本来の二人だったんじゃないかな。なんで運命が入れ替わったかはわからないけど、こんなことは私だけでなく他の人達にもあるはずよ」

調べようとすれば、ミリアの墓や実家などもわかるだろう。
けれど秋絵は、そこまではしない。
遺族に会ったり墓参りをしたりすれば、もっと強く結びついてしまい、また何かが入れ替わってしまうのを恐れている。

殺した男は無期懲役となり、二十数年経った今もまだ服役中ではないだろうか。

秋絵は、彼に対しては何の感情もわかないという。


※この物語はフィクションであり、実在の人物とは一切関係ありません。

岩井志麻子(いわい しまこ) プロフィール
1964年12月5日生まれ
A型
高校在学中の1982年、第3回小説ジュニア短編小説新人賞に佳作入選。少女小説家を経て、1999年『ぼっけえ、きょうてえ』が選考委員の絶賛を受けて、日本ホラー小説大賞 を受賞。 半生を赤裸々に語るトークや「エロくて変なオバチャン」を自称する強烈なキャラクターが注目を集める。

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.