日刊大衆TOP 社会

観光客低迷に悩むラスベガス「フーゾク業界に参入?」

[週刊大衆10月20日号]

米・ラスベガス市が、ポルノ産業の誘致に乗り出している。
同市の主な税収はカジノによるものだが、シンガポールやマカオにアジア人観光客を取られて、ここ5年以上頭打ち。市当局は、カジノとポルノ産業を税収の2本柱にしようとブチ上げ、法人税の優遇などを武器に南カリフォルニアに集中するポルノ会社にラブコールを送っている!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.