日刊大衆TOP コラム

アルコール摂取世界一はどこの国?

[週刊大衆10月20日号]

イギリスの隣にある小さな島国、アイルランドはウイスキーの発祥地。この国の人たちは酒が大好き。世界一ののんべえ国とされてきました。

北太西洋からの風にさらされる寒い日が多く、体を温める必要があったこと。長い間イギリスに支配され、弾圧や差別の辛さを酒で癒す習慣が生まれたこと。

これらが生来の酒好きに加わり、大酒飲みが多くなったといわれています。かせい彼らの飲み方は一気呵成型。飲酒の頻度は週1回程度ですが、いったん始めると中途半端にやめたりせず、徹底的に飲むスタイルだそうです。

しかし最近は、アイルランドの酒豪世界一の座も怪しくなっています。今年、世界保健機関(WHO)が発表したアルコール摂取量の多い国ランキングでは、別の国が1位に。現時点の1人当たりのアルコール摂取量世界一は、どこの国?

(1)ベラルーシ
(2)ロシア
(3)ウクライナ


答えはココを押す! 答え :(1)


出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.