日刊大衆TOP プチ鹿島

乃木坂46の恋愛スキャンダルを、あえて「新宿紀伊国屋襲撃事件」と呼びたい。

2014-10-11

プチ鹿島の連載コラム 「すべてのニュースはプロレスである」

またアイドルのスキャンダルが報じられた。乃木坂46の松村沙友理が「熱烈路チュー」(週刊文春・10月16日号)だという。

相手は出版社勤務の妻子ある30代男性。出会いは仕事ではなく街中でのナンパだったと松村本人がラジオで明かした。東スポによればナンパの場所は「新宿の紀伊国屋書店のマンガコーナー」だという。

私は今回の事件を「新宿紀伊国屋襲撃事件」と呼びたい。

かつてタイガー・ジェット・シンが買い物中のアントニオ猪木を襲って血まみれにした「新宿伊勢丹襲撃事件」(1973年)があったが、今回の「新宿紀伊国屋襲撃事件」はファンにとってはそれに匹敵するほどの衝撃だろう。

あのときは「路上キス」ならぬ「路上シン」だった。猪木は警察に被害届を出さずに「リングで制裁を加える」と決意したことから、「襲撃はヤラセではないか?」と一部でささやかれた事件でもある。

真偽はともかく、シンは新宿伊勢丹襲撃事件で一気に知名度を上げたことは確かだ。松村沙友理も本当にナンパだったのかという真偽はともかく、今回を発奮材料とするしかない。

こういうスキャンダルが起きた場合、本人よりもファンの引き受け方が問われると思うのだ。

プロレスファンは「新宿伊勢丹」というキーワードに半信半疑ながらも、そのあとの抗争でビッグになってゆくシンに熱狂した。それなら乃木坂ファンも「新宿紀伊国屋」という言葉に臆することなく松村沙友理の成長を応援するしかない。シンも松村も新宿からステップアップとしたと後世語り継がれる存在になればいい。

プロレスファンもアイドルファンも「信じた人に裏切られた」「幻想が破られた」というそのときの振る舞いこそが問われると私は思う。それでも自分は信じていけるのか、応援できるのか。煩悶との戦い。

少なくとも、プロレスファンはなんだかんだ言いながら信じてきた。そのタフさをぜひ乃木坂ファンに教えてあげたい。

寂しいのはキミだけじゃない。みんな修羅場をくぐってきたのだ。


プチ鹿島
PROFILE
1970年5月23日生まれ。お笑い芸人。オフィス北野所属。時事ネタを得意とする芸風で、新聞、雑誌などにコラムを多数寄稿。ラジオ番組「東京ポッド許可局」(TBSラジオ)、「荒川強啓のデイキャッチ」(TBSラジオ)、「キックス」(YBS山梨放送)ほか、TVや映画など多方面で活躍中。





「教養としてのプロレス」(プチ鹿島/双葉社)
2014年8月7日発売 新書判304ページ





今もっとも注目すべき文系芸人・プチ鹿島氏による初の新書が双葉社より発売! 「どの週刊誌よりも売れていた」という90年代黄金期の週刊プロレスや、伝説の編集者・井上義啓氏の週刊ファイトなどの“活字プロレス”を存分に浴びた著者による、“プロレス脳”を開花させるための超実践的思想書。 「半信半疑力を鍛える」「グレーゾーンを許容する」「差別に自覚的になる」等々、著者が30年以上に及ぶプロレス観戦から学びとった人生を歩むための“教養”を、余すところなく披瀝。すべての自己啓発本やビジネス書は、本書を前に、マットに沈むこと必死!

ブログ:http://orenobaka.com/
ツイッター:@pkashima

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.