日刊大衆TOP 芸能

フリー女子アナ「凄絶!レギュラー争奪イス取り合戦」実況中継

[週刊大衆10月27日号]

巨大組織から離れ、魑魅魍魎が棲むテレビ界を一人生き抜く美女たちの逞しくて健気な奮闘物語がここに!

「これは、まさにキャットファイト。それも知的で美人の女子アナたちが、髪をつかみ合うわ、股を開かせ"恥ずかし固め"するわ……そんな妄想が膨らむほど、すごい戦いになりますね」
と、すでに妄想を全開にさせているのは、エッセイストの下関マグロ氏だ。
むろん、実際に格闘するわけではないが、今、それほどの過酷バトルが繰り広げられているのが、フリーの女子アナたちなのだ。

「9月いっぱいで田中みな実(27)がTBSを退社して、フリーに転向。さらに、元フジテレビの高島彩(35)も産休から復帰。この大物アナ2人の参入により、以前にも増して、フリー女子アナの仕事の奪い合いが激しくなっています」(芸能ライター)
そこで今回、本誌は情け無用、ルール無用のフリー女子アナ「凄絶!イス取り合戦」を実況中継!

まず、真っ先に椅子を取ったのが田中みな実だ。
しかも、ウルトラC並みの離れ業をやってのけた。
「従来、女子アナはフリー転向後も、だいたい半年間は古巣の局でしか仕事をしないのが、暗黙のルール。ところが彼女はTBS退社からすぐに、10月スタートのフジの新番組『ニュースな晩餐会』でメイン司会者に抜擢された。業界的にはありえない話です」(広告代理店関係者)

反則スレスレ行為をまかり通したのは、"ぶりっ子"キャラの田中らしい、したたかな戦略があった。
「数あるオファーから彼女が選んだ芸能プロは、宮根誠司、羽鳥慎一らも所属する芸能界の有力事務所。そこが今回、本気で彼女を売り出そうと決めたんです。テレビ局サイドも有力事務所の意向となれば、掟破りだろうが、何も口出しできないんです」(前同)

だが、すべてが順風満帆というわけではない。元フジテレビアナウンサーで、現在、フリーとして活躍する長谷川豊氏がこう語る。
「唯一、死角があるとすれば、フリーで最初の仕事となるフジの日曜8時の番組。ここはフジでは"捨て枠"と呼ばれており、裏番組にNHK大河、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)があるので、視聴率が見込めないんです。そのうえ、フジテレビは住吉美紀さんしかり西尾由佳理さんしかり、"番組が低視聴率でダメなとき"はすべて、"フリー女子アナのせい"にする傾向があります。田中さんも同じ餌食になる可能性は否定できません」

禁断の移籍で奪ったイスだが、実はイスの脚の部分にヒビが入っているのかも。

対して、産休から復帰の高島彩は、頑丈なイスをしっかり守った形だ。
「復帰後の初仕事は、産休前までMCを務めていたフジの『世界行ってみたらホントはこんなトコだった!?』(10月1日放送)でした。変わらない美しさと手堅い司会術、安定感がありましたね」(テレビ誌記者)

前出・長谷川氏も、 「高島のアナウンサーとしての能力は抜群」と太鼓判を押しつつ、こう分析する。

「先日、子どもを産んだところで、古巣のフジ以外には出ないでしょうし、もうイス取り合戦に参加するつもりはないでしょう。彼女はゴールデンの特番1本でギャラは100万円とも言われていますしね。それが本当なら、もうガツガツしなくていいはずです」

では現在、イス取り合戦で果敢に勢力を広げているのは誰なのか!?

「言うまでもなく、夏目三久(30)ですよ。自分を“クビ”にした日テレの『真相報道!バンキシャ』の司会、今春からは朝の情報番組『あさチャン!』(TBS系)のメインMCなど、次々とイスを獲得中です」(前出・テレビ誌記者)

前出・下関氏は、
「いやあ、夏目さんは、あの"コンドーム写真流出事件"から、いい感じに熟してきましたね~。彼女をテレビで見るたび、"ナマはダメよ"と優しく言われている気分で、ソソられます。女子アナはこういう生々しいエロスが大事。田中みな実さんもオリエンタルラジオの藤森との交際があり、"武勇伝の腰つきでヤラれているんだろうな"という妄想が膨らむから、男性人気が圧倒的に高いんです」
と、もっともらしく下品な解説をする。

しかし、夏目の快進撃の理由は、それだけではないようだ。

「彼女もアナウンサーとしての能力は抜群で、さらに所属事務所も強い。大ヒットドラマ『半沢直樹』(TBS系)の主演・堺雅人さんと同じ事務所で、TBSは『半沢2』をやるためには事務所とは良好な関係を築いていなければならない。だから、少々視聴率が悪くても夏目さんは絶対に安泰です。年収は3~4億円はあるとも報じられていますが、現在の日本のフリーアナのエースですね」(長谷川氏)

次ページ >> フリー女子アナ「凄絶!レギュラー争奪イス取り合戦」実況中継

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.