日刊大衆TOP コラム

ビックリするような長い階段のある駅

[週刊大衆10月27日号]

JR横須賀線・横須賀駅の特徴は階段がないこと。駅前からホームに至るまで平坦で、一つの階段もない完全バリアフリーの構造になっています。

階段がまったくない駅は、全国的にも珍しいでしょう。逆に、ビックリするような長い階どあい段がある駅は、JR上越線の土合駅。谷川岳などへの登山客が多く利用する駅で、上りホームは駅舎のすぐそば。

しかし下りホームは、そこから遠く離れた地下深くに設置されており、「日本一のモグラ駅」というあだ名がついています。

土合駅にはエレベーターもエスカレーターもなく、下りホームから地上に出る方法は階段のみですが、これがかなりの重労働。疲労困憊(こんぱい)した客のために、階段の途中には休憩用のベンチが置かれています。

さて、土合駅の下り線ホームから地上に出るまで、何段の階段を登らなければならない?

(1)486段
(2)565段
(3)623段


答えはココを押す! 答え :(1)


出題:浜川卓也

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.