日刊大衆TOP トレンド

サラリーマンを救う副収入の大本命 灰色の老後生活よさらば!

サラリーマンを救う副収入の大本命 灰色の老後生活よさらば!

「老後は退職金や年金でのんびり過ごしたい」――そんな、ささやかなサラリーマンの願いに警鐘が鳴り響いている。

ご存知の通り、日本は少子高齢化が待ったなし。将来の年金に対する不安は高まるばかりだ。さらに、終身雇用もいまや昔のハナシ。勤め上げて退職金を受け取り、趣味や旅行を楽しむといったシニアプランが実現できるかどうかも、はなはだ怪しいところ。要は“制度”や“システム”にマネープランを頼ることは、今後ハイリスクといえるだろう。
ちなみに、高齢者層一世帯あたり、ゆとりある老後に必要とされているのは月額平均34万円、ところが年金だけだと月額平均23万円しか得られない。このギャップを埋めるには、3000万円以上の備えが必要とされている。仮に年金がもらえたとしても、自身でそれなりの資産を持っていないと、灰色の老後が待ち構えているのだ。あなたは、この現実を目の当たりにして、「何もしない」でいられるだろうか。

そこで賢いサラリーマンの間では預貯金や株、債券など数あるアクティブ資産運用が注目されているが、なかでも「FX(外国為替証拠金取引)」は人気が高い。数万円から始められ、平日24時間取引できることが大きいようだ。
FXとは、米ドル/円など異なる二国間の通貨を売買することで利益を狙う外為投資だ。例えば為替レートが105円から110円に上昇する流れに乗れば、「利幅分×取引量」が利益になるという仕組で、1万通貨(1万ドル)を買っておけば、「利幅5円×1万通貨=5万円」が儲けられるということ。基本的には、銀行などが提供する外貨預金と仕組みは変わらないが、ほぼ金利のつかない預貯金よりも、圧倒的に資産を殖やせる手段といえるだろう。

ところが、FXはリスクが伴う資産運用。予測と反対に為替が動けば損失が生まれ、大事な資産を目減りさせる危険がある。お金が絡むだけに熱くなり、正常な判断が下せない投資家は意外に多く、気づけば文無しというケースも枚挙に暇がない。これも悲しい現実だ。とはいえ先述したように、資産運用しないことに明るい老後が手に入らないことも事実。さて、どうしたものか……。

そこで注目したいのが、FXの「システムトレード」。これは、あらかじめ定められたプログラムに従い機械的・継続的に取引を繰り返す手法で、損をしない投資法として最近は利用するトレーダーが急増しているという。
例えば、ネット株式会社が提供する「トレードFX」もシステムトレードのひとつで、ソフトをインストールして設定をしておけば、あとはルール通りに最適な取引を淡々と自動で行ってくれる。そこに、人の感情が入り込む余地はない。

実績にも太鼓判が押せる。トレードFXの過去4年間における平均年利は98%以上。100万円の資金で運用したなら、年98万円は儲けられたということだ。これは、預貯金では決して得られない、優れたパフォーマンスを意味する。【詳細はこちら


トレードFXは人間が持つ弱点をカバーして、24時間、利益を狙ってくれる頼もしいパートナー。新しい資産運用のスタイルだ。その手軽さがウケて、主婦やOLにも浸透しつつあり、タレントの梅宮アンナさんやあびる優さんなどがキャストを務めるテレビ番組『ガールズハッピースタイル』からも取材を受けている(11月放送予定)。


画像提供=テレ玉


なお、「トレードFX」の資料請求は無料で、いまなら300円分のクオカードがもれなくついてくるキャンペーンも実施している。興味があるなら、まずはアクセスを。

https://www.trade-fx.jp/lp/lp/

サラリーマンを救う副収入の大本命 灰色の老後生活よさらば!

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.