日刊大衆TOP 芸能

大ブレーク確実TV各局女子アナフレッシュおっぱい図鑑 vol.1

[週刊大衆1月21日号]

2013年の女子アナ勢力図を一変させかねないフレッシュニュースが、NHK『サタデー&サンデースポーツ』でお馴染みの山岸舞彩(25)の民放移籍話だ。
「日テレが、昨年のロンドン五輪で現地キャスターを務めた山岸の人気と実力を高く評価。春から『NEWS ZERO』に、彼女を起用しようというんです。もともと彼女は民放育ちだし、フリーの彼女に対するNHK内部のやっかみは相当なもの。NHKとの契約を延長せず、日テレに電撃移籍する可能性は高そうです」(テレビ誌記者)

ヒザ上20センチ級のミニスカから覗かせる美脚がトレードマークの山岸だが、「民放に移籍すれば、衣装も、よりセクシーなものになることは請け合いです」と、女子アナ評論家の高島恒雄氏は断言。続けて、「美脚のイメージが強い彼女ですが、今後はおっぱいにも注目でしょうね。日テレには、彼女を下から上へと舐めるようなカメラワークを期待したいですね」

推定Dカップ乳の彼女に対して、TV美女研究家の八木晶王氏は、「山岸舞彩は06年の東レの水着キャンギャルでもある垂涎ボディの持ち主。『ZERO』で水着になれば、視聴率がハネ上がることは確実です。水泳の取材とか、名目はなんとでもなるんだから、ぜひお願いしたい」と水着待望論。
山岸の見せ方ひとつで『NEWS ZERO』が『NEWS ERO』になる!?

仮に山岸が抜けた場合、『サタデー&サンデースポーツ』の後釜に有力視されているのが、NHKの杉浦友紀アナ(29)だ。
業界屈指の巨乳アナとして知られる彼女は、福井放送局時代に"北陸のスイカップ"の異名を取ったほどの逸材。現在は『おはよう日本』でスポーツを担当しているのだが、「上智大ではミス・ソフィアに輝くなど、ルックスは申し分ないんですが、いかんせんキャラが地味。ただし、夜の番組に移って大人っぽいセクシーさを漂わせることができれば、大ブレークするかもしれません」(前出・高島氏)

彼女は普通に歩いているだけで、胸がタップン、タップン揺れる規格外おっぱいの持ち主。美脚から、巨乳へフレッシュに生まれ変わる『サタデー&サンデースポーツ』に注目だ。

日テレの徳島えりかアナ(24)は、『Going!』、『行列のできる法律相談所』などの看板番組を担当している将来のエース候補。
芸能ライターの織田祐二氏は次のようにいう。
「毎週、MCが変わる『行列~』にもしっかり対応しているし、落ち着いたたたずまいは、とても入社3年目とは思えません。徳島アナは巨乳ではないけれど、ノースリーブを愛用しているせいか、二の腕と形のよい胸の膨らみが、やけに眩しく見えますね」

同じ日テレの水卜麻美アナ(25)は、バラエティーで真価を発揮するタイプ。
笑顔を絶やさず、食レポやエクササイズに体当たりでチャレンジする『ヒルナンデス!』の彼女は好感度バツグンだ。
「ぽっちゃり体型で、なかなかの巨乳。司会の南原清隆から"マンボウ"と呼ばれてますが、本人は気にする素ぶりも見せません。彼女は意外にミニスカ率が高く、座ると股間の三角地帯が無防備になることも多い。パンチラ期待度が高いのは嬉しいですね」(前出・織田氏)

産休に入った日テレ・石田エレーヌアナに代わって『スッキリ!!』に起用されたのは、入社2年目の杉野真実アナ(22)。
「『世界まる見え!テレビ特捜部』では、臆することなくビートたけしに絡んでいるし、アドリブに対応するのも上手です。胸は推定Bカップなんですが、昨夏の日テレのイベントでは、胸元を大胆に露出した服を着ることが多かったので、本人は意外に自信があるのかも」(高島氏)

1月19日公開のvol.2に続く・・・。

この記事が気に入ったら
をしよう

いいね!

@taishujpさんをフォロー

大衆のオススメ


オススメタグ


人気記事ベスト10


日刊大衆公式チャンネル


Copyright(C) 日刊大衆 Futabasha Publishers Ltd. All rights Reserved.